カテゴリー「58 中本 知邦」の9件の投稿

2018年3月14日 (水)

ふるさと納税

 

昨年、遅ればせながら初めてふるさと納税をしました。

今住んでいる自治体には申し訳ないですが、寄付先を選ぶことで、
納め
る税金の使い道を自分である程度決められるのは良いな、
と思ったの
がきっかけです。

もちろん、自治体によって返礼品は様々で、
返礼品に魅力を感じたのも
事実ですが。

 

思い立ったのが12月20日頃。入金期限は12月31日。
けっこうギリギリなので、思い立ったら即行動。

休みの日に色々とサイトを検索し、ふるさと納税の仕組みを必死で勉強。
ワンストップ特例を使えば、確定申告が不要で、
上限を超えない範囲で
自己負担額の2,000円を除く
寄付金全額が翌年度の住民税から控除
されます。

ネットからクレジット払いで何とか間に合わせました。

 

寄付先は福島県南相馬市と高知県奈半利町の2ヶ所。
南相馬市はもちろん東日本大震災と原発の被災から復興中で、
前から
自分自身で何かできることはないかと考えていましたので、即決です。

南相馬市にはnoma-styleという、ふるさとを守りたい被災者と、
それを
応援したい地域団体や企業と、
そして我々の想いをつなぐふるさと納税
サイトがあります。

返礼品に選んだのが孫向けの玩具^^; 
孫はかなり気に入ったようです。

1803141

 

もう1ヶ所の奈半利町の返礼品はロシア産のたらばがに。 

高知県ならカツオでしょ、なのになぜカニ?

もちろんカツオを初めとした地域の特産品も沢山ありますが、
それだけ
でなく、少しでも多く寄付を集めたいという、
やる気のある職員がいら
っしゃる自治体の表れなのではないでしょうか。

そういう自分の勝手な解釈と返礼品に釣られて寄付先に決めました^^

1803142

 

写真で見ると少なそうに見えますが、中々どうして、
カニ鍋にして食べ
ると中身がぎっしり詰まっていて、食べごたえがありました。

 

ふるさと納税で、普段考えない税金の使い道を考えるきっかけとなり、
少しでも地域に貢献できるのではないかという気持ちになれました。
日本のお役人にしては中々ユニークな制度を考え付いたものですね。

感謝です。

 

建物総合事業本部 大阪支店

中本 知邦

|

2018年2月 2日 (金)

エイト社員ブログ「健康診断」

昨年の12月に健康診断を受けました。
今回生まれて初めて便潜血検査で陽性反応の結果。
“どうしたらいいんだろう”“再検査でOKなら…”と内心思いながら、
ネットで即検索。

「大腸からの出血は常に出続けているものでなく、間欠的に出るもの
なので、便潜血の再検査は意味なし。大腸内視鏡検査を受けるべし。」
との内容ばかり。

“やばいなぁ”“なんともないだろう”“でも、なんともないことない
だろう”と、またまた心の中で錯綜。
すぐに“悩んでも仕方ない”と腹を決め、会社近くの専門クリニックを
探して、1週間後の検査予約。

大腸内視鏡検査を受けたことがある方ならお分かりでしょうが、検査の
2日前から消化の良い食べ物だけに制限。
前日は食事控えめにして下剤服用。
当日は下剤を15分おき間隔で服用しながら、待機室とトイレの往復。
人によって服用量が違うけれど、結果的に前日食べ過ぎないで正解。

予定通りの時間に内視鏡検査。
横向きに寝かされて、全身麻酔。いつ眠ったか分からず、医師の声で
目が覚めた時には検査終了。
頭が朦朧とした状態で、ポリープ2ヶ所切除しましたと言われ、結果
が出るのは1週間後。

切除しているので傷が塞がる1週間は禁酒。これが意外と辛かったw。
禁酒も辛かったけど、結果が出る1週間の間、“大丈夫だろうか”
“もし、検査結果が悪かったらどうしよう”“その時はその時”
“でも、そうなったらどうしよう”と、結構精神的に悶々とした
時間が嫌でした。

ドキドキしながら医師に結果を確認。
「良性です。でも、2ヶ所の内、1つはそこそこ大きかったので、
そのまま放置していたら、場合によって悪性になっていたかも。
内視鏡検査を受けて良かったね。」と言われました。

Blog_img

ホッとすると同時に、普段意識しない健康のありがたみを感じ、
それ以上に健康診断を受けさせて頂いた会社に感謝した次第です。
“ありがとうございます。”
気持ちよく新年を迎えることができました。

建物総合事業本部 大阪支店
中本 知邦

|

2017年11月30日 (木)

エイト社員ブログ「姪の結婚式」

10月15日(日)に姪の結婚式に出席してきました。
姪っ子は妻のすぐ下の妹の長女です。
去年の9月には自分の次男の結婚式があったので、2年続きの祝事になり
ました。

場所は、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート。
東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルです。
姪っ子もその旦那さん両方ともディズニーランドが大好きで、ディズニー
ランドのホテルで結婚式を挙げたいと前々から計画していたようです。

Image1

長男は急遽仕事が入ったため、残念ながら欠席。
次男夫婦は、8ヶ月の子供を連れて出席。
私は前日の夕方にホテル入りしたのですが、妻と次男夫婦+孫は、前日の
朝早くに出かけて、ディズニーランドを堪能してきたようです。

式場は、周囲がぐるっと客室で囲まれた吹き抜け状の真ん中にチャペルが
あり、ホテルに宿泊されたお客さん達が階上から挙式の様子が見れるよう
になっていて、みんなから祝福を受けているような感じになりました。

Image2

新郎が入場、新婦がお父さんとバージンロードを歩いて入場、二人が揃っ
て並んだところで、普段歌わない讃美歌312番を斉唱。
すごくなごやかに、そして厳粛に、滞りなく挙式が進行しました。

Image3Image4

牧師様から結婚が宣言され、新郎新婦が退場の折、天からバルーンが舞い
降りてきた様がすごく綺麗で印象的でした。

Image5Image6

披露宴も和やかに催され、お酒もたくさん頂戴して、気持ち良く酔いま
した。
おめでたいことに触れたり、美しいものを見れたりすると、本当に心が
豊かになりますね。
感謝です。

建物総合事業本部 大阪支店
中本 知邦

|

2017年9月16日 (土)

エイト社員ブログ「推薦図書」

昨年の9月にエイトに入社させて頂き、
本当に早いもので丸1年が経過しました。本当にありがとうございます。

入社の際、ご説明頂いたなかの一つが「推薦図書」の読破でした。
全部で33項目、41冊。
過去に読んでいた3冊の本を引いても38冊。
1年かけて月3冊強。率直な印象は「けっこう数あるな^^;」でした。

中古本を購入して読むのは簡単ですが、なまじ手元に本を残しておくと、
私はまたいつでも読めるし、読み返せるし、と思いがちな性格です。
焦って読み通して記憶に残らない読み方をするよりは、読破するなら楽しく
記憶に残る読み方をしたいな。
人とは違うことがしたいな。

ということで思いついた方法が「1銭も使わずに読もう」、つまりは
「すべての本を図書館で借りて、1年間で完読しよう」と目標を立てました。

1度に15冊まで借りられますが、図書館で借りれば原則2週間以内に
返さなければなりませんので、1度に借りる本は2~3冊にしました。
2週間以内に読み切らなければとのプレッシャーと、返却してしまえば
読み返せないから、感銘を受けた箇所はできるだけ控えておこう、記憶
しておこうという気になります。

実際、「101歳、人生っていいもんだ」の本は文字も小さく、分厚く
読み応えのある本でしたが、2週間以内に返却と期限を切られていること
で、自分が立てた予定通り読み通すことができました(汗)

最初は、蔵書の多い大阪市立中央図書館まで借りに行っていました。
読む本が決まってなければ、実際に本を手に取って読むために
大きな図書館に出向く必要もありますが、
「推薦図書」は読む本が決まっています。

会員登録してネットで予約を入れれば、最寄りの浪速図書館で受け取りと
返却が可能です。 便利な世の中に感謝です。
ありがたく図書館のサービスを使わせてもらいました。

ただ欠点もあって、「もしドラ」、Dカーネギーや
メンタリストDaiGOの本など、人気のある本は
数週間待たざるを得なかったり、「一瞬で自分を変える言葉」は、
前々の人が期限を1ヶ月以上過ぎても返却してこないせい
で、予想以上に待たされたりしました。

それでも何とか読め進めていく中で、最大の難関が下の本でした。

Image1

「出稼げば大富豪 成功が見えた編」

白柳会長や門倉社長、梅田専務の名前が登場する本
この本さえ読めれば完読ですが、
実は、この本だけ市立図書館24館、
府立図書館2館のどこにも蔵書が無いのです。

やばいなぁ~てっとり早く本を購入するしかないかと思いつつも、何か
方法はないか探しました。

すると、方法がありました!
東大阪市や堺市など、近隣の都市と提携していて本の取り寄せが可能です。
すぐさま申込み、待つこと約2週間。

来ました。何とかなり離れた枚方市立図書館から上記の本が送られてきました。

Image2Image3

図書館に感謝しながら本当にありがたく最後の1冊を読ませて頂き、
8月10日に無事完読しました\(^o^)/

紆余曲折ありましたが、目的通りの達成感と、
いつまでも記憶に残る本が増えた1年でした。


建物総合事業本部 大阪支店
中本 知邦

|

2017年6月 5日 (月)

エイト社員ブログ 「岡山・勝山」

5月の連休中に次男夫婦が生まれたての孫を連れて遊びに来てくれる
ことになりました。
島根県に住んでいる妻の両親がその予定を聞いてから、
俄然初曾孫に会いたくなったようです。

義父母とも元気ですが、義父は80歳を超えていて、やはり二人だけ
では大阪に来られないようで諦めモードでした。
いつもお世話になっている義父母への親孝行かなと思い、4月29日、
30日を使い、妻と二人で車で迎えに行ってあげようと思い立ちました。

高速を使って普通に走って片道約5時間の道のりです。
急ぐ旅でなかったので、観光がてら立ち寄りすることにしました。
岡山県真庭市勝山町に「町並み保存地区」があります。

1_2

昔ながらの酒蔵に、旧家、武家屋敷といったノスタルジックな
建物の他、古民家、蔵などを活用した工房、カフェ、ギャラリーなどが
軒を連ねています。

2

なかでも目を引いたのが、家の前に川柳が書かれた板をいくつも掲げて
いる一風変わった家でした。

3

4

5

【 飽食の 見本のような 丸い腹 】 
にならないように気をつけねば^^;

「川柳 双裕庵」
最初は旅館かな?って思ったのですが、ググると川柳好きの方の
ご自宅みたいです。

自宅を川柳漬けにする発想。
ここまで川柳に凝っていれば立派ですね。

最後に私も1句
【 普段から 妻への感謝 口に出ず 】

ブログを書きながら、妻への感謝と反省がふと思い浮びました。

建物総合事業本部 大阪支店 中本 知邦

|

2017年3月30日 (木)

エイト社員ブログ 「初孫」

2月13日、愛知県に住んでいる次男(24)に待望の息子が誕生しました。
と言うことは、私にとって初孫になります。
当初は切迫早産の恐れもあったので、義娘は大事を取って早くから入院して
用心していました。

一時はどうなることかと気を揉みましたが、症状も落ち着いたので
一時退院したものの、数日後に予定日より約20日早く生まれて、
体重も3,500gあったようです。
何より無事に生まれてくれたことに感謝していました。

Photo_4 Photo_7

名前は「湧翔」

写真をいろいろ送ってきてくれるたびに早く孫に会いたいなぁと
思っていたところ、3月19日(日)大安に初宮参りをするということに
決まったので、地元で有名な伊奴(いぬ)神社に息子夫婦と出かけてきました。
当日は天気に恵まれた初春の陽気。
神主様に孫の健やかな成長をご祈祷してもらいました。

Photo_8

とにかくよく寝る子です。
1日のうちで20時間くらい寝てるんじゃないかと思うくらいです。
滞在中も起きていた顔を見れたのはほんのわずか(泣)
でも、寝ているときもいろんな表情を見せてくれて、
見飽きることがありませんでしたね。
ほんと親バカならぬ、爺バカぶりを早くも発揮して、
周りから冷やかされっぱなしでした。

Photo_10

初孫を授けてくれた息子夫婦に感謝です。
と同時に、自分が長男と次男を授かった時の喜びと、これからどう育てて
いったらいいのか戸惑ってた頃を思い出します。
孫の成長を楽しみに、家族がもっともっと増えてくれることを願っています。

建物総合事業本部 大阪支店 中本 知邦

|

2017年1月30日 (月)

エイト社員ブログ 「沖縄・宮古島研修旅行」

入社間もないにも関わらず、2016年12月9日~12日の4日間、
沖縄・宮古島での社員研修旅行に参加させて頂き、感謝の気持ちで
いっぱいの思い出深い旅行になりました。

初日に伊丹空港を飛び立ち、那覇空港経由で宮古島に入る予定でした。
札幌から沖縄に到着する機材を沖縄⇒宮古島便に使う予定だったみたいですが、
折からの北海道を襲った寒波の影響で、機材が那覇空港に到着せず、
沖縄⇒宮古島便もキャンセルになってしまったのです。

当日の到着は無理そうだなぁっていう状況の中で、那覇空港で合流待ちして
頂いていた門倉専務が空港で交渉に交渉を重ねて下さり、
結局専務だけが沖縄に残る形で私たちは無事当日に宮古島までたどり
着くことができました。

専務にはこの時初めてお会いしたのですが、専務の最後まで諦めない
パワフルな行動力と、自己犠牲の思いやりにすごく刺激を受けました。

沖縄本島や宮古島には以前にも訪れたことがあります。
南国特有の自然とおおらかさに触れると、
自分の気持ちがリフレッシュできますね。

でも今回は、普段会えない東京本社や沖縄支店の皆様と交流ができたことで、
特に楽しく過ごすことができました。

Photo_6

(砂山ビーチにて)

Photo_7

(東平安名岬)

白柳社長のいつでも誰にも負けない大きな声に元気を沢山もらい、
毎夜は皆さんと楽しく食事をしてお酒を飲み交わしたんですが、
実は2日目の朝は5時半ごろに起きました。

目的は早朝ランニング^^;
宮古島の12月はちょうど秋の季節。 
宮古島特有の風を感じながらひたすら道沿いを走ります。
都会と違ってネオンのない真っ暗な道。
空を見上げるとまばゆく星が降り注いでいます。

気持ちのいい汗をかいてホテルに戻ると、日の出の時間。 
また一日を始められることに感謝です。

Photo_8

沖縄本島に移動して、アイフォンクリニックを見学。
集客力抜群のショッピングセンターの中でも目立つ場所に出店しています。
個人相手の商売はやはり立地が大事ですね

Photo_10

今回の研修旅行を終えて感じているのは、役員や上司の方々のパワーと
気遣いが半端なく凄くて、自分はまだまだ足りなさ過ぎるということ。
普段の生活リズムと違う環境を与えてもらったことが、

自分自身を成長させるための気づきの場となりました。
またよろしくお願いします。
どうもありがとうございました。

建物総合事業本部 大阪支店 中本 知邦

|

2016年12月14日 (水)

エイト社員ブログ 「波止釣り」

11月6日(日)に本当久しぶりに波止釣りに出かけました。
このシーズンは大阪湾のあちこちでタチウオが釣れまくっています。

普通は南大阪の泉大津~泉佐野辺りで釣るのですが、行くからには
釣って帰りたいし、地元の釣具店のリアルタイム釣果情報をチェックすると、
西宮ケーソンでバカ釣れしています。これならボーズはなさそうだなと思って、
初めての場所だったのですが、西宮ケーソンに出向くことにしました。

波止からのタチウオ釣りは日暮れ~明け方までの夜中が勝負時です。
6日(日)のAM2時半に起きて仕度をして、車で約1時間後に最寄りの
釣具屋に寄ると、夜中というのに釣り客でいっぱい!

物好きな連中が多いなぁ(私もそのうちの一人なんですが…)と感心しながら、
エサと仕掛けを購入していざケーソンへ。

ケーソンとはコンクリート製の防波堤のこと。

でも、着いてみてびっくり^^;
西宮ケーソンはとても長くて、端から端までおそらく1kmはあると思うのですが、
すでに釣り客で満員状態。

やばいなぁ、釣るところがないなぁと釣り道具を積んだキャリアを引っ張りながら
延々先の方まで歩き出しました。

Photo_5

ちょうど地図の矢印の辺りに微妙に空いた空間が。
左隣は同年代くらいの男性客が既に何本か釣り上げています。
また、右隣には自転車で来ていた人の良さそうな地元のおじさんが釣っています。
こういう時はいきなり割り込むことをしないで、何気ない会話を交わしてから
「少し狭いですが、横で釣ってもいいですかね?」と。
お二人に少しずつ譲って頂けて感謝です。早速、釣りの準備に取り掛かりました。

Photo_7

右隣のおじさんに棚の深さ(2ヒロ 約3.6m)を教えてもらい、
何投目か投げたときに、電気ウキの動きがモゾモゾ。
沈みかけたと思ったら浮いてくる動きを繰り返しながら、潮の流れとは別の方向に
ウキが動き、やがて沈み始めました。

でもここで慌てるとタチウオをバラシてしまいます。我慢です。
ウキが完全に沈んで、5~10秒数えてから竿を立てて合わせます。
ヒット!
バラサないように慎重にリールを巻いてタチウオを引き上げます。
半月の光に照らされて、タチウオがキラキラ光ってきれいです。

4時半過ぎ~7時ごろまでで、釣果3本(^^)
そのあと昼まで中アジ狙いに仕掛けを変えて、釣果1本。
私にしては上出来です。
家に持ち帰って刺身と塩焼き&ビール。最高に旨いです。
海の恵みに感謝しつつ、改めてまた来年も!

建物総合事業本部 大阪支店 中本 知邦

|

2016年10月 7日 (金)

エイト社員ブログ 「次男の結婚式」

次男(24)が9月10日(土)にラグナスイート名古屋で
結婚式を挙げました。
台風の多いシーズンで一時は影響を受けるのではないかと心配しましたが、
前後3日間は晴天続きで天気に恵まれました。

遠方の親族は前日から名古屋に入ると言ってくれたので、私たち夫婦も
9日に大阪から名古屋に向かい、名古屋空港まで出迎えた後、
折角なのでみんなで名古屋城を見学してきました。
晴れ渡った空をバックにした名古屋城は本当に綺麗でしたよ。

Photo_3

その夜は新郎・新婦を交え、親族と共に食事を取った前夜祭。
こういう機会でもないと中々みんなと顔を合わすことがないわけで、
すごく嬉しくて楽しくて飲みすぎて、二日酔いで当日の朝を迎えました。
息子の挙式は昼からなので、何とか午前中に二日酔いも治まり、
普段着たことのない燕尾服に着替え、本番を迎えました。
双方の親族や友人が臨席する中、ホテルの教会で二人は挙式を挙げ、
永久の愛を誓い、皆様から祝福してもらいました。

2

披露宴では親族を代表して、私がご臨席の皆様に対して、
お礼の挨拶を述べたわけですが、新郎の父親という立場だからこその
役回りで、一生の内にそう何度もあるわけがありません。
でも、不思議と緊張することもなく、新郎・新婦のお祝いに臨席してくれた
皆様に、本当に心の底から感謝の気持ちを述べさせて頂きました。

私はそれなりにうまくスピーチを纏めたつもりですが、
そのあとを受けた息子がそれまでに飲まされたお酒で酔っ払い、
また感極まって泣き声になり、締めのスピーチがグデングデン。
ところが、それがかえって皆様の笑いを誘い、「良かった、良かった」
「楽しい結婚式だった」と口々に言ってくれたので、
今までで一番の親孝行をしてもらったなぁと思いました。

3_3

忙しい中、お祝いに来てくれた皆様にあらためて感謝です!

建物総合事業本部 大阪支店 中本 知邦

|