カテゴリー「50 小林 正美」の7件の投稿

2017年9月 8日 (金)

エイト社員ブログ「小林甘栗君」

以前のブログで私のペットであるインコ達をご紹介しましたが、
今回は小林家ニューフェイスをご紹介したいと思います。

Image1

デグーというネズミさんです!

★甘栗(あまぐり)
★男の子
★推定1歳

昔からハムスター以外のネズミを飼うのが夢で
飼育に不安はありましたが、勇気を出して家族に迎え入れました。
男の子は慣れやすいと聞いていましたが、
最初は人を怖がり手からエサも食べようとしませんでした。

家に来て一か月程で環境に慣れたのか、
手からエサも食べてくれるようになり撫でさせてくれるようになりました。

とてもすばしっこく、散歩をするとなかなか俊敏で見つける事が出来ません。
ですが、おやつの袋を見せると
秒速でこちらに近づいてくる単純な所も可愛いです笑
家に来て約半年になりますが、非常にエサにがめつい男の子に成長しました笑

おやつを袋ごとゲージの中に引っ張って、
全部食べてしまう事が月に1度あります笑
そんな日はおやつなしの刑です!

まだ家族になって日が浅いですが、これからも愛情を込めて
インコ達同様大事に育てて行きたいと思います。

毎日癒しをくれるペットたちに感謝です!!

Image2

Image3

建物総合事業本部 主任 小林 正美

|

2017年9月 6日 (水)

エイト社員ブログ「ライブ本番!!」

先月のお話しになりますが、
私が組んでいるバンドのライブがありました。

音楽には様々なカテゴリーがあるように、
ライブもカテゴリー分けされたイベントが多いです。

見に来てくださるお客様も音楽の趣味が分かれる為、
何でもありのイベントだと逆に行きづらいのかもしれません。

そのカテゴリーの中で私が出たのが、「アニメソング」です。

元々、アニソンバンドというくくりで結成した為、
今まで3回ライブに出ましたが全てアニソンイベントです笑

アイドルの歌に乗せてペンライトを使用して踊るオタゲー(オタクダンス)
というものがありますが、アニソンにもあります。

毎回緊張の中始まるライブ本番ですが、オタゲーを踊ってくださる方や
腕を振ってくださる方のおかげで緊張は和らぎます。

最もすばらしいのが、1つのバンドだけではなく、全部のバンドさんの
演奏を応援してくださることです!

今回のライブもお客様やバンドメンバーのおかげで
たのしい一日を過ごす事ができました。

盛り上げて応援してくださったお客様と、バンドメンバーに
感謝申し上げます。

余談ですが、今回の衣装は私がミシンでリメイクした物です。
非常にわかりづらいのですが、写真でお伝え致します笑

Image1_3

Image2_2

建物総合事業本部 主任 小林 正美

|

2017年7月31日 (月)

エイト社員ブログ 「安全・技術講習会」

7月1日(土)に安全・技術講習会が行われました。

私が入社したのが2年前の6月15日、、、

今回が3回目の講習会でした。

2年前は入社したばかりで、周りの社員がせわしなく準備をしていた中、

只々見守るしかできない立場でした。

1年前はメインテーマに携わらせて頂いて、

映像を作る大変さと難しさを学びました。

今回はメインテーマをどうやって

飽きずにわかりやすく観て頂くかなどの

工夫に重点を置いて作りました。

当日は大きなミスもなく終わりましたが、

新たに課題も沢山見つけました。

そんな中、講習会終了後に先輩社員やクルーさんからお褒めの言葉が

綴られたメールを複数頂きました。

自分の中では悔しい思いが強かったのですが、

そのメールを見た時に初めて嬉しさと小さな達成感が込み上げてきました。

そのお言葉を糧にさらに頑張ろうと思いました!

メインテーマのお手伝いをしてくださった社員の皆さまと、

メールをくださった先輩社員、

クルーさんに感謝申し上げます。

ありがとうございました!!

建物総合事業本部 主任 小林 正美

|

2016年12月 9日 (金)

エイト社員ブログ 「うさぎホテル」

先日我が家にうさぎさんが泊まりに来ました!!

妹の彼氏さん家族が里帰りで家を留守にする為、預かる事になったのです。

名前はその名も「チモシー」です。
女の子です。

Image1_5

Image2_5

チモシーと言えば、うさぎさんの主食である乾燥草です。
なかなかセンスがいいなと思いました。

鳥は飼った事があるものの、うさぎは初めてだった為
触るのにも初めはとても緊張しました。

しかし!!
いざ触ってみるとふかふかサラサラで、鼻と口がとても可愛い!!

あまり私の事は好きではなさそうでしたが(笑)
近くに来てくれた時の嬉しさは計り知れません。

仲良くなる為におやつのドライフルーツをあげてみたり、
気持ちの良い所を探して撫でてあげたりと、
一週間という短い期間でしたが最後は仲良くなれた気がします。

うさぎも飼ってみたいという気持ちが沸いてきたのは言うまでもないですが(笑)

やはり動物には癒しの効果があるように思います。

短い期間でしたが癒しを与えてくれ、新しい経験をさせてくれた
チモシーちゃんに感謝を伝えます。

チモシーちゃんありがとう!!

最後に我が家の愛鳥グリちゃんとチモシーちゃんの遭遇シーンを載せます。
未知との遭遇でした(笑)

Image3_2

建物総合事業本部 小林 正美

|

2016年11月27日 (日)

エイト社員ブログ 「バンド結成とメンバーに感謝」

私は1人でカラオケに行くほど、歌う事が大好きです!
以前はバンドを組み、年に2~3回ライブを行っていたのですが
最近は特に活動を行っていませんでした。

先日、知り合いにバンドを組まないかとお誘いをいただく機会があり、
今回久しぶりにバンドを結成する事となりました。

そしてメンバーの顔合わせも含め、
先日音楽スタジオにてバンド練習をして参りました。

カラオケで歌う事もとても気持ちが良いのですが、楽器隊と合わせられる
スタジオはそれ以上の気持ち良さがあります。
久しぶりのスタジオだった為少し緊張していたのですが、
一曲合わせ終えた時には緊張は楽しさに変わっていました。

毎回スタジオ練習の時はバンドの要であるボーカルが楽器に負けていては
いけないと自然とやる気に満ち溢れます。
声を張りすぎてしまい枯れてしまわないか心配だったのですが、
なんとか持ち堪えました。笑

今はカヴァー曲を決めている段階で、
ライブは来年2月頃の出演を目標にしています。

社会人バンドの為なかなか集まる機会はないのですが、
次のスタジオに向けてさらに練習を積み重ねたいと思います。

今回バンドに誘ってくれたメンバーは、以前はお互いに違う
バンドで活動していました。

それぞれ違うバンドだったメンバーが今回集まりバンド
を結成できた事は何かのご縁だと思います。

誘ってくれたメンバーにここで感謝を伝えます。

ありがとう!

建物総合事業本部 小林正美

|

2016年11月24日 (木)

エイト社員ブログ 「鳥カフェと私の愛鳥」

私は幼い時から鳥をペットして飼っており、
動物の中では1番好きです。

現在も3羽のインコを飼っており、仕事から帰ってきた後に
一緒に遊ぶのが癒しの一つとなっています。

先日浅草にある鳥カフェに行って参りました。

以前から動物カフェが流行っていましたが、
猫カフェにしか行った事がなく鳥カフェがあると聞き行く前から
とても楽しみにしていました。

通常はカゴに入っているインコを一羽ずつ
出して触れるという形が主流なのですが、
こちらのカフェは少し変わっていて、沢山のインコが放し飼いになっている
お部屋に入り、触れあいはもちろん、ひまわりの種をインコに
あげられるようになっています。

Image1_2 Image3_2

Image2_2

Image4_4

中には見たことのない鳥種もいて、一日いたとしても飽きない自信があるほど
楽しい空間でした。

その他に猛禽類や鳥グッズも置いてあり、
最初から最後まで楽しむ事ができました。

インコには沢山の表情があり、喜怒哀楽がとても豊かです。
今飼っているインコ3羽も4年程一緒に暮らしていますが、
毎日見ていても飽きる事はありません。

小さな生き物ですが私にとっては大事な存在で、
決して欠かす事のできない家族です。

これからも大事に大事に育てていきたいと思います。

いつも癒しを与えてくれる鳥達に感謝します。

Image5


写真は私の飼っている鳥達で左が銀次くん、右がグリくんです。
写真はありませんが、白玉ちゃんもいます。

建物総合事業本部 小林 正美

|

2016年4月 5日 (火)

エイト社員ブログ 「知覧研修を終えて

3月19日・20日に知覧研修へ参加させて頂きました。
富谷旅館、知覧特攻平和会館、戦争中に使用されていた跡地を
直接見て聞いて感じる事で、よりリアルに当時の事について知ることができました。

Image1_7

Image2_4

私達と殆ど歳の変わらない1036名もの先輩方がお国を、大切な人を守る為に
どんな気持ちで飛び立ったのか。覚悟を決めていたとしてもきっと怖かったに
違いありません。しかし知覧へ行く前と行った後では気持ちの変化があり、
行く前は可哀相だと思う気持ちがあったのですが、
行った後は、ありがとうと感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

沖縄を守りアジア独立の為に戦ってくださった当時の先輩方と日本に、
私達は一生感謝を忘れてはいけないと思いました。
今私達が平和に生きている日本では歴史や戦争という言葉を見ても、
遠い昔の話でどこか他人ごとのように感じてしまう部分があるのかもしれません。
私達の世代がこのような機会をいただけた事で大切な人、いつかは自分の子供に
この事実を曲げる事なく伝えていかなければいけないのだと思いました。
また、改めて自分の命を大切にし、精一杯生きていこうと思いました。

最後に、今回知覧研修に参加させてくださった白柳社長、門倉専務、梅田常務を
はじめ全エイト社員の皆様、企画と運営をしてくださったザ メディアジョン様、
講話をしてくださった山近様、初代様、バスを安全に運転してくださった運転手様、
一緒に研修に参加してくださった皆様に心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

Image3_7


建物総合事業本部 小林 正美

|