« 2018年8月 | トップページ

2018年9月

2018年9月 4日 (火)

バリ社員研修旅行

5月24日~5月28日まで社員研修旅行としてバリへ行かせていただきました。
1日目、デンパサール空港に17:40分ころ到着。
ホテルにチェックインをし、夜は自由行動だったので、ご飯を食べた後に街をぶらついていました。夜ではありましたが、湿度が高くかなりの汗を掻きました(;’∀’)
2日目、いざエイトビィラへ出発!!クタから約4時間バスに乗り到着!!
めーーーっちゃ綺麗なヴィラにバスでの疲れは一気に吹き飛びました!
到着後のランチではナシゴレンを頂きました。

その後、映画【神様はバリにいる】、弊社の推薦図書でもある【出稼げば大富豪】の主人公、兄貴こと丸尾孝俊様へのヴィラへお邪魔をしました。
お話しされていた内容はどれも為になるもので、発言のひとつひとつがポジティブであり、どんな人でも元気になるのではと思うくらいのオーラがありました。
お忙しい中、貴重なお話をありがとうございます!!!
3日目、ジェットスキーの体験や海で釣りをしたり近くのコンビニへ出かけたりゆっくりとした時間を過ごさせていただきました。

コンビニに行った際に現地の方々との記念撮影をして、いい思い出となりました。子供たちは家業を手伝っていました。
日本人を見かけると元気いっぱいに手を振ってくれたり、話しかけてくる子供が多かったです。

4日目、朝からヴィラを出発。向かう先はマルガラナ英雄墓地。ここにはインドネシアの独立戦争に命を掲げた日本兵のお墓があるところです。
ひとつひとつのお墓に手を合わせ「日本の東京都八王子市から来ました長谷川翔です。インドネシアの人たちは日本人に手をいっぱい振ってくれます。こうしてバリに来れるのも皆様のおかげ様です。ありがとうございます。」と伝えました。
マルガラナ英雄墓地を出た後はマーケットによりお土産をたくさん買い、デンパサール空港へと向かいました。

空港ですこし時間を潰し飛行機に乗り3泊4日の研修旅行は終わりました。
留守中を守っていただいた皆様、研修旅行の機会を与えてくださったエイトの皆様
本当にありがとうございます!!とても為になる研修旅行でした!!
建物総合事業 S. H.

|

2018年9月 3日 (月)

Terimakasih(ありがとう)

今回バリ研修で私は目標を立てていました。それは、忙しく中々普段交流する機会のない会長、社長、専務や他部署の方々と積極的にコミュニケーションを図る事と、旅行ではなく社員研修であり、学ぶことを忘れずにという事でした。

今回の研修エイトビラに宿泊させて頂きありがとうございます、そこで各々自由な時間を過ごしました。その時間で会長、社長、専務とお話しさせて頂きました。そこで、気遣いのやり方や色々な自分の身になる話をさせて頂き本当に感謝です。ドッキリや楽しい時間が大半でジェットスキーや兄貴さんの自宅に訪問させて頂きとても素敵な経験をすることが出来ました。ありがとうございました。

今回こうして楽しくとても身になった社員研修を送れたのは会社に残ってくださった方々のおかげ無くしてバリ研修に行ける事は無かったと私は感じております。そして、バリで私達をお世話してくださったバリ人の方々に本当にTerimakasihです。感謝・感謝の社員研修でした。本当にありがとうございました。
建物総合事業 D. Y.

|

2018年9月 1日 (土)

バリ研修旅行  エイトヴィラ編

2日目は、3台の車に分かれていよいよエイトヴィラへ移動です。
ビンタンバリリゾートホテルから北方向へ約3時間、ヌガラのエイトリゾートバリに到着しました。
まず白柳会長にご案内して頂いたのが、エイトヴィラが一望できるガラス張りのお部屋です。
真っ白なエイトのロゴが綺麗なプールや海を眺めながらくつろげるベッドに感動の連続でした。
この解放感は日本ではなかなか味わえません!
貴重な体験をさせて頂いたことに感謝です。
エイトヴィラのスタッフの方々は日本語がとても上手で、笑顔が素敵でした。
インドネシアにもこうしてエイトの名のもとお客様からの感謝を集めている方々がいるのだということを実感し、私も明日からも頑張ろうという気持ちになりました。

Kob3
Kob5 Kob4

エイトヴィラ滞在中に、『出稼げば大富豪』の主人公であり映画『神様はバリにいる』のモデルとなった丸尾孝俊様宅にてお話を伺う機会がありました。
私は緊張してすごく恐縮していましたが、イメージどおりのすごくパワフルな方で、仕事に限らず、人生において、生き方、考え方のヒントをたくさん下さいました。
これからの人生に必ず活かしていきます。丸尾さん、お忙しい中時間を割いて頂き、有難うございます。
3日目の最終日には、マルガラナ墓地で日本の戦没者のお参りをしてきました。
ひとりひとりの墓石を回ったのですが、20代前半で亡くなられた方がほとんどで、名前もインドネシア語表記をされている方がいらっしゃいました。
日本から遠く離れた地で、家族とも離れ、戦うのはどんな気持ちだっただろう、と自分なりに考えながらお線香をあげさせて頂きました。
日本人の大切な歴史を学べたこと、戦争のない時代に生まれてこられたことへの感謝、そしてそれを忘れてはいけないと強く思いました。

私たちが研修旅行に行けたのは、本社で留守番をして下さった方々がいたからです。
現場作業に限らず、電話対応から来客対応まで、有難うございました。本当に感謝しております。
研修旅行中は、他部署の方ともトランプをしたり、大トカゲを探しに出かけたり、ジェットスキーに乗らせて頂いたりと、エイトに入社していなければできなかった経験をたくさんさせて頂きました。
周りの同世代の友人にバリ研修の話をするととても驚かれます。どこにもない素敵な研修をさせて頂いたこと、本当に感謝しております。
米軍・海外事業部 K. O.

|

« 2018年8月 | トップページ