« バリ島研修紀行 かくあれかし 【エイトヴィラ】 | トップページ | 社員研修旅行に行ってきました »

2018年6月19日 (火)

研修旅行inバリ島 ~沖縄組 いざバリ島へ編~

524

年に一度の社員研修旅行が行われました。

この研修は会長を始め、社長・専務・各部署の上司の方々が

まだ経験の浅い私達や新入社員の方達に

経験・知識・想像力・考え方などを身に着けて欲しいと言う気持ちで

行われています。

 

実は沖縄支店の私達4人は社員旅行が行われるギリギリまで業務の都合上お断りしていました。

ですが「絶対お前たちの為になるから参加しなさい」と社長からの優しいお言葉と

作業調整に快く協力していただいたクルーさん達のおかげで

今回の研修旅行に参加させていただくことができました。

(協力して頂いたクルーさんに感謝いたします。)

 

ここからは海外旅行初の私が経験し、思った事をダイジェストに書かせて頂きます。

 

① 初海外線飛行機・香港での乗り継ぎ

海外経験のない沖縄支店の私達4人は、国際線の飛行機に乗る事すら困難でした。

何処でパスポートを見せるのか、何処で手続きを行うのか等、パスポートを片手に空港内をウロウロ・・・まるで迷子の子どもみたいでした(;^ω^)

ですが、どうにかこうにか空港スタッフの丁寧な説明で香港に向かう飛行機に乗る事が出来ました。

(丁寧に説明していただいた空港スタッフに感謝です)

そして、“この調子で香港での乗り継ぎが出来るのだろうか?”との不安を抱えながら出発

 

沖縄から香港まで約3時間で到着

 

香港の空港の大きさや、周りの景色、何か日本とは違う雰囲気を感じた私達は思わず

「海外来た~!」とテンションMax

このままのテンションで香港を観光したいところですが、私達には乗り継ぎという大きな課題が!

実は出発前日に、沖縄支店の事務員さんから海外での乗り継ぎの仕方を教えて頂きました。

「飛行機を降りたらTransfer informationと言う文字が入った看板が有り、そこに飛行機便とGateナンバーが記入されているからそれを見て向かえば大丈夫」との事。

私達はその看板を探しました。

アッタ!と看板を見つけたのですがGateナンバーが記入されていない!

どういうことだ・・・

周りには日本語を喋れる人などいません。

動揺と焦りが出てきた私達に出来る事はただ一つ、周りの人にEnglishで聞く事しかありません。

私達は順番に周りの方に聞くことにしました。

 

比嘉さん「Sorry where is the gate for the transfer?」と尋ねる。

 

島袋さん「エクスキューズミー、ウェア、トランスファー?」とチケットの紙を見せながら訪ねる。

 

金城「エクスキューズミー、ウェア、トランスフォーマー?」と変な人だと思われる。

 

しゃべり慣れていない英語でどうにかバリ行きの飛行機に乗る事が出来ました。

(やはり英語だけはもっと勉強しようと心に決めた私達でした。)

ここまでたどり着くのにどれだけ体力を使った事か・・・

やはり経験と知識さえ有れば、社長のようにすんなりと色々な国へ行けるのになぁ~と

経験し、身に沁みた一日でした。

 

無事最後の飛行機にも乗ることができ、後は到着を待つのみ!

ワクワクとドキドキを胸に秘めて「いざ!バリ島へ!」

                       つづく

米軍・海外事業部 沖縄支店   金城 浩也

12

|

« バリ島研修紀行 かくあれかし 【エイトヴィラ】 | トップページ | 社員研修旅行に行ってきました »

48 金城 浩也」カテゴリの記事