« インドネシア バリ研修旅行 その3 | トップページ | バリ研修旅行① »

2018年6月29日 (金)

インドネシア バリ研修旅行 その4

最後の楽園といわれる観光地バリ島には、悲しい歴史があります。
インドネシアは1602年より350年間に渡り
オランダに領土を植民地支配されていました。
1945年8月15日、日本は敗戦を迎えましたが、
そのとき、インドネシアではオランダ軍が再度侵攻してきます。
敗戦後も、日本へ帰国せずバリ島へとどまり、
インドネシア独立のため戦った日本人兵士11名が
バリ島の兵士1363名と共に
インドネシア ムングイにある「マルガラナ英雄墓地」に眠っています。
研修最終日は、このマルガラナ英雄墓地を訪問させていただきました。
毎年11月20日には、州政府主催の慰霊祭が挙行されているそうです。
Kk05
Kk06
1barito02
先輩方が命を賭してこのバリ島を守ってくださったからこそ、
今、私たちがバリへ観光に来ることが出来るという事に
感謝をしなければなりません。本当にありがとうございます。
やはり、日本人であれば日本のお線香がきっと喜ばれるはず、と
日本から持ってきたお線香を墓前にお供えさせていただきました。
Kk08
感謝を申し上げ、マルガラナ墓地を後にします。

Kk09
空港にいくまでの間は、
ウブドにて食事・最後の観光を楽しみました。
情報管理部のメンバーとはやっぱり「ケチャ」が見たいね!など
話しておりましたが空港へ行く時間との兼ね合いで
残念ながら実現できませんでした。
ですが、夜の闇市?のような場所で怪しいお土産品を物色し
あるようでない価格に翻弄されつつ、
楽しい思い出を作ることが出来ました。
今度はぜひ家族をつれてこのインドネシアを訪れたいと思います!
Kk10
情報管理部 課長 北片 剣伍

|

« インドネシア バリ研修旅行 その3 | トップページ | バリ研修旅行① »

10 北片 剣伍」カテゴリの記事