« 久しぶりのライブへ | トップページ | 15回目の―――― »

2018年5月16日 (水)

自衛隊員の皆様 ありがとう

もう半袖のTシャツで、汗をかきながら通勤している時節柄

「スキーの話しは、もうないやろう!」

と、お叱りの言葉もあるかと存じますが、あえて投稿させていただきます。

 

夕張「マウントレースイ スキー場」

・道路事情がよく千歳空港からあまり時間がかからない。

・ゲレンデ整備が行き届いている。

・横幅が広く、難コースがない。

・スキー客はあまり多くない。

 

そのためか、自衛隊の冬期スキー訓練の場所であり、各地の駐屯地のから訓練に来るそうです。

自衛隊員は、人員輸送車7台でやってくるそうです。

18051601

                             

スキー訓練は3日間のプログラムで、9時~15時の工程で

1日目:講習・滑走訓練

2日目:講習・滑走訓練

3日目:検定・自由滑走訓練

となっているらしいです。

 

訓練の休憩時間ともなると、ゲレンデ内の食堂および喫煙所は、自衛隊員で溢れております。

   

18051602_2 18051603_4

 

喫煙所に入ると、9人の自衛隊員がおりまして、せっかくだからと思い、話しかけてみました。

【喫煙所での自衛隊員との会話】

<私>                     <自衛隊員>

・どこから来てはるん~?             : 千歳空港付近の駐屯地から来ました。

・皆北海道の人~?                : 私は関西方面の出身です。

・みんな、ヘタッピ(あまりうまくない)やけど?  : それなりに経験のある者もいるけど難しくて。

・なんで? ・・・

 

18051604

◆◆◆ヘッタッピには理由があった!!!◆◆◆

自衛隊員のスキーは、普通ではなかった!

【スキー板について】

・スキー板:裏面が鱗のようになっており、多少の斜面なら上ることができるもの。

・ビンディング:通常のシューズで履けるよう、つま先のみ金具と皮バンドで構成されている。

 ※普段の訓練用のシューズで簡単に装着でき、かかとは自由に動く、「おもちゃ」のようなビンディング

 

【理由】

<<スキーを履くときも靴は、普段訓練で使用するシューズでスキーを履かなければならないから>>

・いつでも任務を遂行出来るよう、動き易い靴を常時着装

・その靴で、雪山を行軍するためのスキー板着装

の訓練だそうです。

 

そのため、かなり滑走が難しく、熟練するまでは「スッテンころりん!」だそうです。

他のスキー客の見ているなか、まるで初心者のごとく、初歩からの練習を行い、度々こけることを繰り返す。

(少し恥ずかしいと思うところもあるそうです。)

同じ関西のイントネーションでの会話の中で、ぞんざいな言葉で「ヘタッピ」とゆうたけど

日々訓練をし、我々の安全にご助力してくれている自衛隊員達なのでした

『ヘタッピていうて、ごめんなさい。いつもありがとうございます』

あまり活躍の機会がない方がうれしいけど、今後ともよろしくお願いいたします。

 

建物総合事業本部 大阪支店 田中 裕士

|

« 久しぶりのライブへ | トップページ | 15回目の―――― »

69 田中 裕士」カテゴリの記事