« 【お家のネズミ~ず】 | トップページ | 久しぶりのライブへ »

2018年4月25日 (水)

夕張さん ありがとう

 

お休みを頂いて、日がな一日を「ブラックニッカ」で優雅なひと時を過ごしておりましたところ、

シフト表を眺めて「はたと!閃く」3連休がある・・・・??

 

「ブラックニッカ」が奇跡を呼んだ!・・・「そや!!スキー行こう!」

 

私事、スキーはいつも家族で行くものと決めており、今年も子供との予定が合わずスキーをあきらめていたからです。

・上の子の就職活動の準備が忙しいようで、なかなか話に乗ってこず。

※説得するも。上の子の曰く、「前回のスキーは大学の合格発表前にスベラされた」と。根にもっているよう?

<<スキーに行けば、我を忘れて遊んでいたクセに!と思いつつ・・>>

・下の子は、さっさと大学の友達とともに、スキー(スノボ)の予定を組んでおり、予定が合わず。

 

「(嫁はんと)二人で、スキーや!!」

と叫び、ツアーの検索を嫁はんに強引にお願いした(押しつけた)。

※私は、もう暫くブラックニッカさんと語らいを・・・

しばらくして、嫁はんから「アカン。ニセコいっぱい。」

夕張やったら空いてる。23日夕朝食付きリフト券3日で¥46,400円、行ったこと無いし、どないする。」

ニセコに比べ2万~3万円安やし「なんせ空いとんやったら即決やで」と、申し込んでもらった。

 

以上の如く、念願のスキー、<<マウントレースイスキー場(夕張)>>

【出発日の行程】

645分  自宅出発

820分  神戸空港発

1035分  千歳空港発(バス)

1135分  スキー場ホテル着

12時    着替えてゲレンデへ。かなり時間的に早く感動!!

 

【マウントレースイ スキー場】

『すいている!!』

 18042411804242_3















ゲレンデには人影もまばら、そこそこの横幅やし、雪の状態もヨシです。

ゲレンデ内の食堂で、「乾杯!!」と・・入ると

食堂内は、2組のスキー客のグループが食事をしている。

スキー客のリフト券を確認すると。

・私より遙か彼方の年配の男性2人連れで 4泊5日。

・同じバスだった、おじいちゃん、おばあちゃん、娘さん、お孫さんのグループは、34日。

※バスに乗るとき歩くのもままならず、5分バスを遅らせた「おじいちゃん」もリフト券を持っている。

スキーウエア-を着ていなければ、特養の食堂のような光景でありながら、各自の持っているリフト券のアンバランスに戸惑いを感じながら、祝賀会を終了し、食堂を出ると・・・

 

『あっと驚く、タメゴロー!!』で

食堂は、大勢の自衛隊隊員で溢れており、普段では見られない光景です。

 

1804243

一体何が起こっているのか戸惑いながら眺めていると、自衛隊員のスキー訓練だった。

 

さあ~。スキー開始!!

初日、1330分にリフトに乗り、まずは「中級+初級」の練習コースへ。

嫁はん共、3年ぶりのスキーのため、「手始め、手始め」と思い滑走する。

初日は中級のみで慣し運転に心がけ慣し運転で18時に終了した。

 

2日目は、いざ全コース制覇と意気込んだが、43°上級は、嫁はんから堅く禁止命令が出たため、我々の立入禁止区域と指定し、以外の全コース解禁となり「いざ、制覇!」と、9時~19時まで滑走。

 

3日目は、9時~14時の間、2度の休憩のみで、1430分のバスに乗りスキー場を後にした。

 

帰りのバスの中で嫁はんと、今回のスキーについて、昼食代わりのビールで反省会を行う。

・子供達と行った時は、我々はすぐに食堂で一休みが常で、全日のスキーはしたことがなかった。

 ※体力が子供についていけなくなっていた。

3日目に来る体の痛みも感じなかった。

※ここマウントは、特に難コースもなく、ある程度の幅があり整備の行き届いたゲレンデは、無理なくスキーができた。

 

「もう~若くないよって~」いっても「ばんばん」滑れるええゲレンデやったなあ~。

どっぷりと、若き日の自分の滑走ができたと錯覚できる。シニアに優しいスキー場だった。

 

1804244_2

1804245_2 1804246

   

 

来年も費用が高くならなければ、また来ようと、嫁はんと約束した。

<<夕張さん>>ありがとう。

また、3連休のシフト下さった、大阪支店に感謝しスキーツアーを終了した!!

建物総合事業本部 大阪支店 田中 裕士

|

« 【お家のネズミ~ず】 | トップページ | 久しぶりのライブへ »

69 田中 裕士」カテゴリの記事