« エイト社員ブログ「父の誕生日」 | トップページ | エイト社員ブログ「子供誕生日休暇をいただいて」 »

2017年12月20日 (水)

エイト社員ブログ「Spores 2017 in和歌山(支援物資輸送訓練)」

11月18・19日に和歌山で行われた、Spores(スポーツレスキュー)2017 in和歌山に参加して参りました。

この訓練の主旨は、
1)南海トラフ地震の発生時に想定される支援体制の一つとして、オートバイなどの移動・運搬手段を活用し、機動性の高い手段でのボランティア活動。
2)    モータースポーツをはじめ多種スポーツ愛好者による融合型イベントを自治体と連携して開催することで、開催各地の地域発展と自然災害発生時のサポート体制の充実に寄与する。
3)    参加者が災害時における具体的な支援方法を含む 「防災と減災に役立つ知識と技術」 を学び高めることで、レスキュー精神の広がりと南海トラフ沖地震等の災害時の支援意識の高揚を図る。

阪神淡路大震災以降、私自身も地震に対する意識は持っているつもりでしたが、実際には各地で起こった大災害時に、何も形として支援などの活動をする事ができませんでした。
今回、知人が情報を教えてくれたことで『一般財団法人 BERT』が主催として行われるボランティア訓練に参加する機会に恵まれました。

当日はあいにくの雨模様でしたが、こういう状況で参加する事こそが訓練として重要、と自分に言い聞かせ、雨の高速道路をひたすらスタート地点の「和歌山県 すさみ道の駅」に向かいます。(パンダで有名なアドベンチャーワールドがある白浜町の少し南)

到着後受付を済ませ、大会の内容説明を受け、各班ごとにスタートしました。
和歌山県からの協力要請として、各人GPSを持ち訓練中の情報収集も加わり、ただ目的地をバイクで移動するだけではないんだな、という事で気持ちを引き締めます。

Image1

チェックポイント「古座川の一枚岩」、高さ約150m・幅約800mの一枚の巨岩。
国指定の天然記念物です。

Image2

団体行動でしたので、唯一撮れた風景写真がこれです。
ほぼ山道で車同士では対向するのも難儀するほど狭くガードレールも無いクネクネ道を、制限速度を守りながらただただ走ります。(ツーリングではなく訓練だから当たり前ですが)

第一日目のゴール地点「潮岬青少年の家」に参加された全員が事故も無く、無事に到着しました。

Image3

夕方からは、日本防災士会の理事の方や主催BERTの片山代表の講演があり、その後は親睦のBBQを堪能致しました。

第2日目は昨日とは打って変わって快晴の中スタートしました。
しかし、太陽は出ていますが山間部はめっさ寒い、体感温度は5度くらいでしょうか…。

Image4

今日もいくつかのチェックポイントを通過後、ゴール地点「熊野本宮大社」行政局へ。
2011年9月の紀伊半島大水害時には、大変な被害を受けた熊野本宮周辺では1階部分が全て川から氾濫してきた泥水で浸かり、水が引いた後も泥だけが残り酷い有様だったと、行政局職員の方に写真と共にお話しを伺いました。

Image5

あくまで訓練に参加しただけですので、実際の災害現場に赴いたわけではないのですが、本訓練に参加した事で、団体のメンバーの方々と繋がりを持てた事が私自身の災害支援の第一歩だと思っています。

Image6

最後に、主催「BERT」代表の片山敬済氏とのツーショット写真。
緊張で引きつった笑いしか出来ていませんが、それもそのはず。
片山氏は、私たちの年代にバイクに乗っていた人なら誰もが知っている、東洋人で最初に二輪ロードレースで世界チャンピオンになられた、レジェンドライダーです。
私自身、十代のころから憧れていたヒーローであり神様でした。

今回、一人での参加で多少は不安もあったのですが、片山代表を始め団体のメンバーの方々、日本各地から来られた参加者の皆様にとても気さくに接して頂き、本当に感謝しております。

Image7

 そして、ドロドロになりながらも今回もトラブル無く安全に家まで走りきってくれた相棒にも感謝です。

建物総合事業本部 大阪支店 前外間幹夫

|

« エイト社員ブログ「父の誕生日」 | トップページ | エイト社員ブログ「子供誕生日休暇をいただいて」 »

66 前外間 幹夫」カテゴリの記事