« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

エイト社員ブログ「姪の結婚式」

10月15日(日)に姪の結婚式に出席してきました。
姪っ子は妻のすぐ下の妹の長女です。
去年の9月には自分の次男の結婚式があったので、2年続きの祝事になり
ました。

場所は、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート。
東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルです。
姪っ子もその旦那さん両方ともディズニーランドが大好きで、ディズニー
ランドのホテルで結婚式を挙げたいと前々から計画していたようです。

Image1

長男は急遽仕事が入ったため、残念ながら欠席。
次男夫婦は、8ヶ月の子供を連れて出席。
私は前日の夕方にホテル入りしたのですが、妻と次男夫婦+孫は、前日の
朝早くに出かけて、ディズニーランドを堪能してきたようです。

式場は、周囲がぐるっと客室で囲まれた吹き抜け状の真ん中にチャペルが
あり、ホテルに宿泊されたお客さん達が階上から挙式の様子が見れるよう
になっていて、みんなから祝福を受けているような感じになりました。

Image2

新郎が入場、新婦がお父さんとバージンロードを歩いて入場、二人が揃っ
て並んだところで、普段歌わない讃美歌312番を斉唱。
すごくなごやかに、そして厳粛に、滞りなく挙式が進行しました。

Image3Image4

牧師様から結婚が宣言され、新郎新婦が退場の折、天からバルーンが舞い
降りてきた様がすごく綺麗で印象的でした。

Image5Image6

披露宴も和やかに催され、お酒もたくさん頂戴して、気持ち良く酔いま
した。
おめでたいことに触れたり、美しいものを見れたりすると、本当に心が
豊かになりますね。
感謝です。

建物総合事業本部 大阪支店
中本 知邦

|

2017年11月29日 (水)

エイト社員ブログ「家飲みの実践」

先月、家族と伴に「家飲み」を決意したことが、会社の社員ブログに掲載されことを家族に報告し、会社も全面的にバックアップして頂いていると家族を説得し、さて、大事な給料(生活費)の中から、実践に必要な、重要アイテムの調達を行います。
何事も、最初が肝心、『普段、酒が苦手な私』の、特訓のためには、自分に言い聞かせる意味でも、「ノルマ」として、次回の給料日までの、1ヶ月分の酒を購入することが肝要かと思います。

酒選びは大変です。
酒類は、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーと多々あり、非常に選択肢の多いものです。
以前飲んだことがあり、「まあエエか!」と思う銘柄を思い浮かべ思案する。
・ビールはエビス(これは、家内がお気に入り)かと思いますが、私としては黒ラベルでヨシ。
・日本酒は桃の滴(これも、家内のお気に入り)かと思いますが、私としてはワンカップ大関でもヨシ。
・焼酎は三岳(これまた、家内のお気に入り)かと思いますが、私としては大五郎でヨシ。
・ワインはVENET(これもまたまた、家内のお気に入り)かと思いますが、私としてはサイゼリアのマグナム1.8L 1000円と思うのですが、家に持って帰るのは少々気が引ける。スーパーのワインでヨシ。
・ウイスキー(残念ながら家内は飲みません)は、オールドと思いますが飽きたため、ブラックニッカでヨシ。

それでは、選択したものでアルコールの単価を計算することに・・・
・ビール:黒ラベル 187円/350ml アルコール度数 5%
187円/(350ml×0.05)=10.69円/ml

・日本酒:ワンカップ大関 185円/200ml アルコール度数 15%
185円/(200ml×0.15)= 6.17円/ml

・焼酎:大五郎 1520円/2.7l アルコール度数 25%
1520円/(2700ml×0.25)= 2.25円/ml

・ワイン:スーパーのワイン 498円/720ml アルコール度数 15%
498円/(720ml×0.15)= 4.61円/ml

・ウイスキー:ブラックニッカ 3400円/4.0Lルコール度数 37%
3400円/(4000ml×0.37) = 2.30円/ml

かなり迷う酒類が検出されました、焼酎とウイスキーです。

ここで飲み方の考察をすることに・・・

■焼酎:選択したものは甲類のため、何かで割らなければ味はありません。
※これだけ飲んでいると、注射前の「エエ臭いヤ~♥♥」と思うものでしかありません。
お茶、ウーロン茶、オレンジジュース、トマトジュース、popメロンの相方が欲しい

■ウイスキー:飲み方は、水道(淀川の水)水と氷のみ。
酒の相方にギャラを払わずに飲めると言うことで、0.05円高値となるが、
「ウイスキー」にしよう!!!

早速購入に走り、飲まなければならない量の試算をすることに・・・
4L×2本=8L=8000ml (3400×2本+消費税=7344円)
8000ml/31日=260ml/日 が1日のノルマです。
毎日飲んでいる、ペットボトル(500mL)のお茶の半分の量です。
※何かさみしい気分です。

Image1_2
そや! 水割りにすれば、増量出来る!
考え直し、サントリーのホームページ「おいしい水わりの基本」を参照すると、ウイスキー1に対して水2~2.5だそうだ。

実践すべき量は
水2の場合は、1日あたり、約800ml 1ヶ月あたり24L(ポリタンク相当)となりそうです。
実際、少ないのか多いのかは、解りませんが、実践あるのみです。

「家飲み」が出来る、家庭で過ごせる時間のゆとり、と、実践のための重要アイテムを購入させて頂ける糧をくださっている、会社(エイト)に感謝するとともに、協力してくれる家族に感謝しつつ、次回の給料日まで、不足しないよう、大切に実践を重ねて参ります。

建物総合事業本部 大阪支店 田中 裕士

|

2017年11月28日 (火)

エイト社員ブログ「ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO」

11月16日にビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPOという
日本で最大の業界専門展示会に参加させていただきました。

Image1

展示会では様々な販売会社が洗剤から機材まで紹介をしており
知識が増え考えが広がりました。展示会は3日間の開催でしたが、
参加した日は、全国ビルクリーニング技能競技会が開催されていました。
レベルの高い技術を見させていただきました。

現在、正しいと思ってたやり方だったり、使用する資機材だったり、
使い方が違ってたり、新しい資機材を使用すれば
ランニングコストがかからなくなる事など、本当にいろんなことが学べました。

僕自身、展示会に参加するのが初めてだったので、
これからもより良いものに触れるために、積極的に参加していこうと思います。

ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPOには、社長から一緒に行くぞ!と、
お声をかけていただき参加しました。
次からは自分から情報を入手して参加していきます。
お声をかけていただいたおかげで勉強になり、とても感謝しております。

参加者全員ではないですが写真は一緒に行った社員の写真です。

Image2

建物総合事業本部 主任 石岡 凌

|

2017年11月27日 (月)

エイト社員ブログ「ご近所さんに感謝!」

結構前のことですが、私が家の前の雪かきを
凍えながら手作業でやっていたときに向かいの家に住んでいる方がふとやってきて、
「手伝おうか?」
といってくれました。

私は雪かきに夢中になっていたのでいきなり話しかけられたのと
向かいに住んでいるのにあまりお付き合いがない方からの
突然のお声掛けにびっくりしてしまい
少し無言になってしまいましたが

我に返り「お願いします!」と言って手伝って貰いました。
普段なら1時間くらいかけてやっていた雪かきでしたが
その方は個人で小さい除雪機を持っている方だったので
お手伝い開始わずか15分で終わらせ

「またなにかあったら声かけて」と言ってくださり、
雪かきが早く終わったのとその方の優しさに思わず涙しそうになりました。

その方は今でもなにかあった時手をかしてくれて助けられています。
私も困っている人がいたら
声をかけ手をかしてあげれる人になろう!と思いました。

そんな考えを持たせてくれた
向かいに住んでいるおじさんに心から感謝しています。

米軍・海外事業部 木村亮介

|

2017年11月24日 (金)

エイト社員ブログ「錦秋の谷川岳」

谷川岳は二つのピークを持つ双耳峰だが、いずれも2000Mにも満たない。
それでも気候の厳しさから、1500M地点から上は森林が育たず、急峻な岩壁を持ち、
紅葉時期の赤く染まったナナカマドと岩場の対比は素晴らしい景観だ。
この日の谷川岳の紅葉は色とりどりで鮮やかなまさに錦秋だった。

Image1

山頂からの景観をスマホで撮って山好きの父に送ると、
「オジカ沢ノ頭だ」とすぐ返信がきた。

やけに詳しいなと思っていると、
「学生時代、先輩二人が遭難した場所だから。厳冬期にドカ雪に遭った」とのこと。
谷川岳は「魔の山」、「死の山」などの異名を持つ。山での死者数の多さが世界一で、
ギネスにも載っているらしい。
Image2

 死亡事故が多いのは、クライミングルートがあることと、
気候が変わりやすいことにあるが、登りやすい一般ルートも多くある。

Image3

  あまりに色鮮やかな風景に立ち去り難くなり、頂上でしばらく留まっていた。
こんなに紅葉のいい時に出逢えるのは滅多にない。紅葉の時期になれば、
雪が降ってもおかしくない気温となり、雪が降ると葉が傷んでしまい、
紅葉が台無しになってしまうからだ。

Image4

 森林限界での紅葉は、下界の紅葉のような派手さはないのかもしれないが、
この壮大な山々が鮮やかに彩られている風景は、ここでしか味わえない。

Image5

最高の紅葉を見せてくれた山に感謝。

管理本部 田倉 一美

|

2017年11月22日 (水)

エイト社員ブログ「念願の…♡」

先日、ずーーーーーっと食べたかった焼肉チャーハンを食べに行きました。

焼肉チャーハンは、会長が以前ブログで書いているのを見て、
一時期社員みんなが食べに行き、美味い!と大変騒がれていたのです。

なかなかタイミングが合わず食べれず仕舞いでいましたが、
ようやく願いかなって味わうことができ大大大満足でした☆

女子の食べる量じゃないだろ!っといった感じの写真ですが、
美味しくってあっというまにぺろりと完食しました(笑)

焼肉チャーハンとワンタンスープです☆

また必ず食べに行きたいし、
友達にもおすすめしたいお気に入りの一品になりました♪

素敵な一品に出会わせてくれた会長をはじめ、エイトの皆様に感謝です♪

Miyazawa

建物総合事業本部  宮沢 彩花

|

2017年11月21日 (火)

エイト社員ブログ「大阪支店の癒し社員」

先月からエイト大阪支店に新たな仲間が加わりました。
と言っても「エビ」なんですけど。
花村本部長がとある日、買い物があるから
ホームセンターに行ってくると言って出掛け帰ってくると
自転車のカゴに入りきらない箱を乗せていました。

箱の側面を見てみると水槽のプリントがしてあり、
本部長に何を飼うのですかと聞いてみると「エビ」と一言。

本社では、小さな魚や金魚などを飼育していたので、初めはエビ???と
心の中で思いましたが言葉には出さず、そうなんですねと返答をしていました。

出入口の真正面に水槽をセッティングしてしばらくは、
水と水草だけで水質を落ち着かせ飼育環境を整えていました。

Image1

本部長曰く、鑑賞用のエビはデリケートで水質や水温の変化に敏感で
ちょっとした変化に耐えられないこともあるから環境が大事なんだとのことでした。

そんな話から約1週間後のある日、東京での休日を終え
大阪に戻ってくると水槽の中に小さな小さな赤い物体がいるような気がして、
よ~く中を眺めてみると2cmにも満たない
数匹のエビが水槽の中にいるではないですか!!!

Image2

Image3

すぐさま本部長に、エビ!!!と聞くと、
何やらオークションで購入したそうでした。

種類は、
「ビーシュリンプ、ヌマエビ科ワリヌマエビ属のエビの一種の淡水エビ」であり
鮮やかな体色から観賞用に飼育され、繁殖も比較的容易な為、
愛好者も多いそうです。(Wikipedia参照)

初めは、エビか~とあまり気にも留めていなかったのですが、
じっくり眺めてみるとこれがまた中々可愛いことに気が付きました。

小さい足を懸命に動かして泳いで移動する姿は、
兎に角一生懸命で愛らしいと感じてしまいました。
それからは、朝の出社時に生存の確認と時間があれば水槽を眺め、
藻や水草に隠れているエビを見ては癒されています。

大阪でも業務も残りわずかとなりましたが、
癒し社員のエビ達に癒してもらいながら最後までやり遂げて行きたいと思っています。
このような癒しを提供して頂いた、花村本部長有難う御座います。

不動産事業部 部長代理 小宅  裕一

|

2017年11月20日 (月)

エイト社員ブログ「㈱エイト☆30周年記念パーティー」

平成29年10月13日でエイトは30周年を迎えました!!

それを記念して30周年の前日に、日ごろお世話になっている
お客様方を招いての記念パーティーがありました。

記念すべき節目の催し物に参加させていただけた事をとてもうれしく思います♪

創立当時の写真や以前従事していた元社員の方々のコメントを拝見し、
社員やその家族、エイトに関わる方々を本気で幸せにしようとする
㈱エイトという会社が今まで以上に大好きになりました。

私が入社してからはまだ3年しか経っていませんが、
30周年を迎えることが出来る会社が一握りだということを伺い、
エイトで働かせていただいているということが本当に誇らしいです。

今後も40周年、50周年と繋いで行けるよう、
微力ながら力になれればなあと思います♪
これからも宜しくお願い致します(*^^)v

30th

建物総合事業本部  宮沢 彩花

|

2017年11月17日 (金)

エイト社員ブログ「株式会社エイト設立30周年記念」

10月12日に京王プラザホテル八王子にて
弊社設立30周年記念パーティーが行われました。
弊社に関わる370名以上の方がお忙しい中出席して下さいました。
本当にありがとうございます。

限りある時間の中で、ハチミツ次郎さん、まちゃまちゃさん司会のもと、
来賓の方々のご挨拶、ビデオ上映などいろいろ盛りだくさんのプログラムとなっており、
サプライズゲストのゆりやんレトリバァさんや
くまだまさしさんの出演では私たち社員も緊張がふっと解けて楽しめた瞬間でした。

受付の際には多くの皆さまをお待たせしてしまい不手際等あったかと思いますが、
パーティーが終了後、お客様が笑顔でお帰り下さったので本当に良かったと思いました。

大勢のお客様がご来場して下さったのを見て気が引き締まる思いと同時に、
これからも微力ではありますが会社の支えとなれるように
何事にも誠実に対応していこうと改めて考えさせられました。

無事に終了し帰ろうとした際、
まだロビーにいたニューロティカの皆さんと司会をして頂いた
まちゃまちゃさんに一緒に写真を撮って頂きました。
(皆様お疲れのところ気さくに応じて下さいましてありがとうございました!)

Image1

Image2

これからも「ありがとう」をたくさん集められるように
日々努力していきたいと思います。
これからもよろしくお願い致します。

建物総合事業本部 主任 小島 陽子

|

2017年11月16日 (木)

エイト社員ブログ「食い倒れシリーズ」

大阪はよく食い倒れの街と言われたりします。
今回はその食い倒れの街で、知る人ぞ知る食堂を紹介したいと思います。
このお店はお取引先の社員様で、
よくお昼ご飯をご一緒させていただく方に、教えて頂きました。

お店は決して大きくもなく目立ちにくい場所にあるのですが、
なかなかユニークな大阪のギャクというか、パンチの効いたお店です。
またその量は半端ない量で、大飯食らいの方には大推薦のお店です。

Image1

この日に注文したのは2種ミックスちょい弁当です。おかずは自分で選択です。
豚生姜焼き、だし巻卵、てんこ盛りのキャベツの千切り、
ご飯はこれで小(350グラム)サイズです。
お茶までついて\600です!

Image2

Image3

これはあさちゃんの店主が「来てもうた以上みんなにお腹いっぱいになってほしいねん」
という考えから。。。
店内にはここには掲載できない過激な内容もあったりしますが、
それも大阪特有のシャレのようで、楽しいです!

これだけの食事をこの値段で提供されている心意気がすごいと思いますし、
来店される人はみんな感謝してます。様々な芸人さんも若いころ、
お金が無い時代に来店されているようです。

私が現在勤務しております、なんばグランド花月(NGK)は大阪の中心地のひとつ、
中央区の難波にあります。 先ほど紹介させていただいた、
食堂 あさちゃん から徒歩10分です。

NGKでの設備管理はその物件の特殊性もあり、
通常の建物設備管理業務に加え、様々な業務があります。

自分自身でしっかりと考え、計画予測を立て実行し、
より良い結果を出すよう心掛けなければなりません。
いかにビル管理が円滑に無事に運営できるか。
予期せぬ業務なども舞い込むこともあります。

そのことを大変だ、しんどい、と敬遠するのは簡単ですが、
逆にチャンスだととらえ、日々業務にあたっております。
それは自分の知識や経験を広げる大チャンスなんだと!!

業務から派生する人との繋がりもできました。今経験していることは、
必ず身となり肉にしよう!! 

縁あって株式会社エイトに入社させていただき、
これだけやりがいのある業務、環境を与えてくださってる、
株式会社エイト、お取引先様に感謝いたします。

もちろん安くて美味しい弁当を提供してくれてる、
あさちゃんの店主様にも感謝!

建物総合管理事業部 森内 誠

|

2017年11月14日 (火)

エイト社員ブログ「漫画家ふかさくえみの結婚式&披露宴に出席」

知る人ぞ知る漫画家ふかさくえみの結婚式&披露宴に出席するために、超久しぶりに東京駅まで出掛けた。まさにお上りさん状態で、リニューアルした東京駅も初見参だったのだ。
東京駅前は工事中で、どこを通れば目的地(旧丸ビル)に行けるか迷ったが、何とかたどり着いた。

Image2_2
Image1

丸ビル35Fからの眺めは最高だった。皇居が目の前にあり、想像以上に小さく見えた。
遠くには富士山が望め、日没直後の光景は絶景であったが、写真は今一であった。

Image3

結婚式&披露宴はレストランで行われたが、人前結婚式という初めての経験である。
親戚と親しい友人が数人参加して、出席者が証人となる
結婚式とのことで、宗教による儀式や昔からのしきたりに
拘らず、立会人や演出のチョイスは新郎・新婦の自由自在と
いうもの。
最近、増えているらしい。
受け付けには、二人のイラストが。
彼女が作成したイラストなのである。

1510642559785

新郎・新婦が入場し、新郎・新婦の結婚の誓約宣言、指輪の交換、キス、結婚成立の宣言(参列者が承認
サインした結婚誓約書に新郎・新婦が署名し、司会者が結婚誓約書を出席者に見せる。右下写真)、これで結婚式は終了し、退場となり、披露宴へと続く。
新婦は公人に等しいが、新郎は一般人なので、目隠しさせてもらいました。

1510642638735

1510642655681

料理はフレンチであったが、そのメニューにも彼女のイラストが。(部屋の明かりが赤色だったので赤い)
そして、ウェディングケーキにも。

1510642673937

1510642707869

漫画家のふかさくえみと新郎が、出席者へ目一杯の感謝を込めての演出であった。
このふかさくえみは、実は私の姪っ子なので、親戚として参列したもの。
新しい結婚式のスタイルをありがとう。
いつまでも幸せに!

管理本部 経営企画部 課長代理 宗雪 敏史

|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »