« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

エイト社員ブログ 「朝の清掃」

私自身、社会人になって2年目になりました。
毎朝、行っている朝のボランティア清掃はだんだんと
毎日の作業化してしまっているようでした。

しかし、その方に会うと元気が出て今日も一日頑張るぞ!と
思える人に出会えました。
その方はエイト本社の近くに家があり、私が清掃で回っている時は
庭に水をやったり、車を掃除していたりします。

お互いに見つけると自然と笑顔であいさつを交わします!
すると、いつもありがとうね!と言って頂けます。

いつもはこのようなあいさつ程度でしたが、今日はなんと!
その方が話しかけて下さったのです!

「前に、ここを掃除してくれていた人で子供を産むって言ってた人はどうしたかね?」
と尋ねられました。
すぐさま思い当たって「今、元気に戻ってこられました!」というと
嬉しそうにしておられました。

少しでもお話ができたのは、先輩方がこの朝のボランティア清掃を
続けてきたからだ、と感じました。先輩方への感謝の気持ちと、
いつも見ていて声をかけて下さる方へ感謝の気持ちを込めて
毎朝清掃活動していこうと決めました!

気づくのが遅かったかもしれませんが、ボランティア清掃を通して
感謝の気持ちを持てたことを嬉しく思います!

これからは自分が気づきを与られるような人になれるよう、心がけていきます!

不動産事業部 長島 美沙希

|

2017年6月28日 (水)

エイト社員ブログ 「我が地元」

現在の地に引っ越して、早30年余りが過ぎました。
いつのまにか、我が人生の中で一番長い生活の地となってしまいました。
実家は既に無く、戻る場所も無いので、この地が終いの地となりそうです。

二人の子供は既に巣立って、女房と二人だけの生活です。
6月10日に、散髪に行く途中にある華蔵院に寄ってきました。
ここは、関東八十八か所霊場の第二十二番札所になります。

1_4

ちゃんと仁王門があり、2体の金剛力士像が見られる
割と珍しい寺なのです。
でも、寺は門の陰で見えない程小さいのです。
土曜日の昼前だからだろうか、人っ子一人いませんでした
が、静かに美しい像を見ることができました。

2_4

散髪やさん、これは行きつけを作るところからスタートしますが、
この地に来て最初に見つけた
歩いて行ける近くの散髪に行き始めて、こちらも30年余り。
予約をしてあるので、入るとすぐ自分の番です。

今日はどうしますか?との質問。
暑くなってきたので、いつもより短め、少なめでお願いします。
これで散髪がスタートします。

散髪の椅子に座ると、毎回なぜか眠くなってしまいます。
ウトウトしながら、いつの間にか散髪が終わり、椅子を横にして
顔の剃りに入ると、もう爆睡状態。
いつの間にか、こちらも終わり、シャンプーして髪を整えて終了し、
お金を支払って完了です。

完了後、何か飲み物でも?と。アイスコーヒーをもらい、新聞を
読みながら、しばしの休息。
サッパリして、明日からまた頑張るぞ!、と誓う私なのでした。
地元に感謝です。

3_2

管理本部 係長 宗雪 敏史


|

2017年6月27日 (火)

エイト社員ブログ 「河口湖」

6月3日にお休みを利用して、河口湖に行ってきました。
ドライブ?観光?デート?いいえ。違います!!
巨大なブラックバスを釣り上げるために行きました(笑)

小学校からの親友Y君と行きました。
親友Y君と僕は、小さいとき毎週のように学校の近くの浅川に
釣りに行ってた程の釣りバカです。
親友Y君は前日、楽しみで寝れず、新品のルアーをお風呂に浮かべて
動きの確認をしたり、プロの動画を見てたら朝になってたと
楽しそうに話してました (笑)バカです(笑)

ボート屋さんで、朝6時半から15半まで、
免許不要のエンジンボートを借りました!

いざ出陣!!数時間経ち霧が晴れてくると、
なんと絶景が!富士山!やばい!綺麗!思わず写真を撮りました。

6_4

テンションも最高に上がり、頑張ったのですが一匹も釣れませんでした(;_;)/~~~

ボート屋さんによると、この日は減水していて難しい日だったとか・・・
ブラックバスは本当に賢いので難しいです・・・

次こそはリベンジ!

大好きなブラックバス釣りを、今でも昔のように、
幼馴染の親友とバカみたいな会話をしながら、できる今に感謝です!

ボート屋のおじさんも、釣れるポイントを事細かに教えていただき、
親切な方だったので、また借りようと思えました!

自然・親友・ボート屋さんに感謝の気持ちが生まれた休日でした!
しつこいようですが、次こそはでっっっかいブラックバス釣ります(笑)

建物総合事業本部 石岡 凌

|

2017年6月26日 (月)

エイト社員ブログ 「四国ツーリング」

4月21日(金)・22日(土)・23日(日)、友人3人と
四国へツーリングに行きました。

今回の第一目的地は、愛媛県と高知県との県境にある
四国カルスト台地です。
標高約1,400m、車のCMに出てくるような山の上に続く道、
一度バイクで走ってみたいと思っていました。

21日の夜22時、大阪南港発のフェリーですので金曜日の勤務後に
一度家に帰り、事前に用意していたため、バイクウェアに着替えるだけで
すぐに集合場所の南港に向けて出発。

21時頃に到着し、出航時間までフェリー内のレストランで
今回のツーリングプランを皆で話し、翌日朝の起床時間が
早いので早々に就寝しました。

朝6時に愛媛県東予港に到着、すぐに出発し途中に道の駅を
見付けては休憩をしながら、お昼前にはカルスト台地に到着しました。

1

2

3

想像以上に素晴らしい光景が目の前に広がり、
少し走っては記念撮影をしました。

GW前だからなのか車やバイクが少なく気分良く走れましたが、
やはり標高が高いだけあって下界との気温差が10℃以上あり、
インナーに防寒用のライトダウンを着増ししました。
絶景を堪能した後は宿泊地の高知市内を目指します。

途中、四万十川で有名(らしい)な沈下橋を二カ所立ち寄りました。
増水時には水面下に沈んでしまう橋の事を沈下橋と呼ぶそうで、
潜水橋などとも呼ばれるそうです。

この日は風が強く、道幅も狭く手すりの無い橋を走るのは
結構スリルがありました。

4

坂本龍馬像にもお会いし、高知市内に到着。
夜は高知駅前を散策し、カツオやウツボのタタキを堪能し、1日目が終了。
2日目、大阪へ向けて走ります。室戸岬を経由し、道の駅を見付けては
すぐに休憩するという感じです。
(年配者ばかりなので、すぐに疲れるのです。笑)
徳島までは海岸線のワインディングロードをひたすら走ります。
交通量が少なく、何のストレスも無く気持ちよく走れます。
徳島・鳴門からは高速に乗り、一路大阪へ。
PM19:00頃に自宅に到着。総走行距離670kmでした。

5

息子が大きくなってから、5年ほど前に再び乗りだした
リターンライダーですが、毎回心配しながらも
快く送り出してくれるママさんと息子に感謝です。

そして、年に数回しか走らせないのに、いつもノントラブルで
走り切ってくれる我が相棒“VTR”にも、感謝です、ありがとう。

建物総合事業本部 大阪支店 前外間幹夫

|

2017年6月20日 (火)

エイト社員ブログ 「ミュージカル」

先日、アダム・クーパーさん主演のミュージカル
「SINGIN' IN THE RAIN 雨に唄えば」を見に行ってきました。
渋谷にある東急シアターオーブです。

1_3

「雨に唄えば」といえば有名な映画だということは知っていましたが、
ちゃんと見たことはなく雨の中で唄うシーンをテレビで見たことがある
程度だったので、観劇する前に映画も見ておきました。

映画もなんでもっと早く見なかったの~と思うほど素敵でした。
やっぱり何十年経っても歴史に残る映画だと言われていることがよくわかりました。
今さらですがジーン・ケリーの迫力あるダンスや歌、
親友を演じるドナルド・オコナーの思わず笑ってしまうような
ダンスなど今見てもとても楽しめる映画と思います。
まだ見ていない方はぜひ見て欲しいです。

映画を見てからの観劇だったのでどのようなショーになるのかとても楽しみでした。
感想は一言で言えば、本当に楽しくてハッピーな気分が
ずっと続くミュージカルでした。
観客はみんなニコニコしていたと思います。

アダム・クーパーさんのダンスもすごい迫力があるし、歌も素敵だし、
雨のシーンではものすごく降っている中とても軽やかなダンスと歌、
というかこんな降らせていいのかしらと思う位でした。

前の方の列の方はけっこう濡れたのではないかなと思います。
12トンの雨を降らせているらしいです。
それに、ステージの上にはバンドが生演奏していて、
ダンスと歌にぴったり合っていて感動。

映画とはまた違った感動で、直接生で出演者を感じられるのが
観劇の良さだなと改めて感じました。本当に素敵なショーで
とても心が満たされました、
キャストやこのミュージカルに係るスタッフに感謝です。
本当にお薦めのミュージカルですので、また日本で公演する事があれば
ぜひ皆さんに見てほしいです。

2_2

※最後のシーンは写真撮影OKだったので撮ってみました。
水しぶきがわかると思います。

建物総合事業本部 主任 小島 陽子

|

2017年6月14日 (水)

エイト社員ブログ 「電気自動車」

沖縄支店に去年の7月、業務用車がきました。
今日まで、ハイブリッド車やアイドリング車は、
運転した事は、ありましたが
100%電気自動車は初めての試みでした。

約7~8時間の充電後、試運転、鍵も普通の車と同じでスタート!
セル音なしエンジン音無し、エンジン音がしないため、
始動しているのかわからないくらい、音がしません。

走り出しても、静かなモーター音のみ、最初のころは変な感じを
思いながら運転していました。
モーターのみなので遅いかと、思いがちでしたが変速ギヤもないので、
ゴーカートのように素早く走行できます。

坂道も難なく駆け上がり、エンジン車よりパワーがあると実感しました。
まだ、珍しいのでコンビニの駐車場で隣の車の方が、降りてきて
物珍しそうに見ていたのを記憶しています。
営業先でも結構、話の話題になり商談が成立と、良いことも数々ありました。

しかし、注意しなければならない事もあります。
まず、帰社したら、必ず充電すること、明日の用務に支障がでます。
一度、沖縄県の名護市から帰る途中、エアコン全開で走っていて、
危うく事務所までギリギリだった事がありました。(私ではありません)

毎回、電気残量を見ながら運転する必要があります。
1番注意することは、あまりの静かさに周りの人が、車が走っていることに
気づかない事が、多く事故を起こしてしまう可能性がたかい事です。

沖縄支店ではまだ、ありませんが今後も事故のないよう、運転します。
電気自自動車を運転し1年、操作性、管理法、利便性とかなり慣れてきました。
この車のおかげで、燃費費用が格段に節約でき、
故障もなく安心して業務ができます。

世界中では、ECOブームで様々なエコカーが開発、実用化されています。
ぜひ、世界中の車がガソリンを使わない、
クリーンな車になると、良いと思います
地球温暖化、石油不足等に貢献できると思います。

今後も開発者等の方々に、最も良い商品を作って頂きたいと思います。
そして、感謝致します。

米軍・海外事業部 沖縄支店 主任 石川 潤

|

2017年6月 7日 (水)

エイト社員ブログ 「落とし物」

4月19日(水)の出来事でした。
いつものように朝の掃除をしていると花村副本部長から
こんな声がかかりました。

「田中さん 会社の前の駐車場に黒いバイクがあるやろ。
その横にカバンが落ちてたから『会社で預かってます』って張り紙しといて」と
おっしゃられたので、チャチャッと朝の掃除を済ませた後、
張り紙を作ってカバンが落ちてた付近の壁に貼りだしました。

そのカバンは男性用のビジネスバックで
中に持ち主がわかるものあるかも?と思い、
カバンのチャックを開けるとまず目に飛び込んできたのが
車の鍵かなと思われるものと水が入ったペットボトルでした。

「鍵とペットボトルじゃ持ち主わかれへんしなぁ~」っと
思いながらカバンの中をゴソゴソしていると自動車保険の保険証券が
あったので「同じ名前の入ったものが他にもないかなぁ~」っと思い
またカバンの中をゴソゴソ…。

そうこうしていると「ん?このカバン昨日、今日落とした落としたもんと
ちゃうんちゃう?」っていうぐらいカバンの中の書類が湿ってたので
「これは警察に届け出た方が早く持ち主見つかるんちゃう?」っと思い

花村副本部長にことわって会社の近くにある交番へ届け出ることにしました。
交番へ落とし物を届け出るのは幼稚園以来でちょっとドキドキしながら交番へ!
交番の扉を開けると20代後半と思われるお兄ちゃんの警察官が爽やかに
「こんにちは!」と。
「交番ってこんな爽やかに挨拶とかしたっけ?」っと思いながら
カバンを手渡し、見つけたときの状況を話しました。

その後、
拾い主の個人情報記入を済ますと拾い主に発生する権利の話しになり、
窓口に立たれた警察官が
「田中さんに今から3つの質問をします」といいました。

質問内容は次のとおり。

①拾得物の落とし主が3ヶ月たっても現れない場合は、
   拾得物は拾い主のものになるがどうするか。
 (心の声「そんなもんいるかッ!」)

②落とし主が現れたときに拾い主の個人情報開示を求めた場合伝えてもいいか。
   (心の声「なんで伝えんねん アホかッ!」)

③拾得物の届け出処理の証明書をご自宅へ郵送しましょうか?と聞かれたので
   「そんなんに経費、使わんといてください」と口にしながら
 心の声は「税金はもっと友好的に使わんかい!」

っと思いながら全てお断りをして会社に戻りました。
日常生活において「落とし物を交番へ届ける」という行為は
ありそうでなさそうなことなので、この稀な経験をさせてくださった
花村副本部長に感謝です。

建物総合事業本部  大阪支店  田中理絵子

|

2017年6月 5日 (月)

エイト社員ブログ 「岡山・勝山」

5月の連休中に次男夫婦が生まれたての孫を連れて遊びに来てくれる
ことになりました。
島根県に住んでいる妻の両親がその予定を聞いてから、
俄然初曾孫に会いたくなったようです。

義父母とも元気ですが、義父は80歳を超えていて、やはり二人だけ
では大阪に来られないようで諦めモードでした。
いつもお世話になっている義父母への親孝行かなと思い、4月29日、
30日を使い、妻と二人で車で迎えに行ってあげようと思い立ちました。

高速を使って普通に走って片道約5時間の道のりです。
急ぐ旅でなかったので、観光がてら立ち寄りすることにしました。
岡山県真庭市勝山町に「町並み保存地区」があります。

1_2

昔ながらの酒蔵に、旧家、武家屋敷といったノスタルジックな
建物の他、古民家、蔵などを活用した工房、カフェ、ギャラリーなどが
軒を連ねています。

2

なかでも目を引いたのが、家の前に川柳が書かれた板をいくつも掲げて
いる一風変わった家でした。

3

4

5

【 飽食の 見本のような 丸い腹 】 
にならないように気をつけねば^^;

「川柳 双裕庵」
最初は旅館かな?って思ったのですが、ググると川柳好きの方の
ご自宅みたいです。

自宅を川柳漬けにする発想。
ここまで川柳に凝っていれば立派ですね。

最後に私も1句
【 普段から 妻への感謝 口に出ず 】

ブログを書きながら、妻への感謝と反省がふと思い浮びました。

建物総合事業本部 大阪支店 中本 知邦

|

2017年6月 2日 (金)

エイト社員ブログ 「小さな幸せ」

少し前のことになりますが、2月のとある日の大阪での出来事です。
その日は小雨降る肌寒い日でした。
私は日曜でしたが仕事のため出勤していました。

お昼になり、いつもは会社の仲間とお弁当を注文しているのですが、
日曜で一人のこともあり、たまには外で食べようと
散歩がてら出かけることにしました。

雨も上がりたまには街中で食べようと、歩いて10分くらいで行ける
道頓堀に向かいました。
何を食べようか考えながら道頓堀川の遊歩道を歩いていくと、
目の前にいつもと違った光景が広がっていました。
遊歩道いっぱいにテントが並び人だかりができていました。

1_3

気になり向かってみると、そこにはテントのほかに無数の自動販売機が
設置してあり係の人なのか、こちらへどうぞと自動販売機へ促され、
私は促されるまま自動販売機の前に立った時に「あ!」と気が付きました。

それは、飲料メーカーのKIRINが行っている缶コーヒーFIREの
全国100万本サンプリング第2弾のイベントでした。
以前から、FIREをよく飲んでいたのでラッキーと思いつつ、
全部同じ缶コーヒーなのにどれにしようか少し考えてしまい、
おバカだな~と感じながらボタンを押し無料の缶コーヒーを頂いて
その場を後にしようとした時でした。

2

チェーンで仕切られたところを出口へ向かっていたところ、
係りの方からどうぞとビニール袋を手渡され「ありがとうございました」の
声をかけられながらその場を離れました。

3

後でビニール袋を広げてみると、更に2本の缶コーヒーが入っており
二度嬉しい気持ちにさせてもらえました。
たまたまとはいえ、自分の運の良さに感心しながらお昼にラーメンを
食べて会社へ戻りました。

その日の仕事は、缶コーヒーのお陰か順調に進めることができました。
KIRINさん、いつも美味しい缶コーヒーと仕事の合間の「ホッと」した
時間を頂き有難う御座いました。

4

不動産事業部 課長 小宅  裕一

|

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »