« ベテラン特掃員! | トップページ | 福利厚生 »

2012年8月26日 (日)

ちひろ美術館・東京

杏林大学病院(三鷹市)で眼科定期検診を
受けています。先月の検診時に眼科の
先生から、注意することとして、以下の
5項目を言われています。

一、眼に圧をかけないこと
二、眼に強い光をあびないこと
三、疲労を翌日に残さないこと
四、食事は腹八分に止めること
五、野菜、果物を摂ること

他にも言われたのですが、忘れてしまい
ました。五つは、特別変わったことは
リクエストされていないのですが、
それでも、それなりの覚悟が必要です。
1年後に、これが良い方向に出ればいいの
ですが、期待して頑張ってみようと思って
います。

 さて本題の、『いわさき ちひろ』の話です。
 下石神井(練馬区)にある ちひろ美術館・東京
 に行ってきました。
 ちひろは、享年55歳で1974年に亡くなって
 います。

Oosumi35_01_2

 現存作品は9,400点を超えると言われています。
 ちひろの言葉に次のものがあります。

『・・・やさしい絵本を見たこどもが、大きく
なっても忘れずに心のどこかにとどめておいて
くれて、何か人生のかなしいときや、絶望的に
なった時に、その絵本のやさしい世界をちょっと
でも思いだして心をなごませてくれたらと思う。
それが私のいろんな方々へのお礼であり、生き
がいだと思っている。』

Oosumi35_02

日本の伝統的な水墨画の技法にも通じる「にじみ」
や「ぼかし」を生かした独特の水彩画に何とも
言えないいのちの輝き、平和の大切さを感じます。

Oosumi35_03 Oosumi35_04

ちひろが愛した草花が咲く庭を見て、その後で
当時を部屋ごと再現した、ちひろのアトリエを
見て美術館を後にしました。時間と体調を整えて
安曇野にある「ちひろ美術館」を是非訪れようと
思っています。今回ほど、絵の才能がほしいと
思ったことはありません。無いものねだりは
やめておきますけど。

取締役 管理本部副本部長 大隅 晃

|

« ベテラン特掃員! | トップページ | 福利厚生 »

04 千葉 久公」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270987/46595350

この記事へのトラックバック一覧です: ちひろ美術館・東京:

« ベテラン特掃員! | トップページ | 福利厚生 »