カテゴリー「11 小宅 裕一」の71件の投稿

2017年12月 1日 (金)

エイト社員ブログ「大阪支店の癒し社員2」

以前もブログに書かせて頂いたのですが、この度 癒し社員に新たなメンバーが加わりました。
今回も、花村本部長が夜な夜なタブレットを眺めながら落札して入手したメンバーです。‘‘感謝感謝,,
以前からいる子は赤と白のツウトーンだけでしたが、今回はなんと「ブルー&ホワイト」日本語で青と白のエビさんでした。
前回同様、休日を東京で過ごして大阪に戻ってきて水槽を覗いてみると、ん!?青いエビがいるではないですか。

Image1

Image2

本部長が不在だったので、事務の田中さんに聞いたところオークションで購入して2~3日前に届いたとのことでいた。改めて、本部長って生き物が好きだな~と感じました。

当初は、青いエビには特に興味を持たなかったのですが、毎日眺めていると小さなヒゲの様子 懸命に足を動かして移動する様子に愛着がわくもので、最近は赤いエビ同様に愛らしく感じています。
飼育が難しいため、面倒は本部長が行っていますが、大阪で勤務の時は朝の照明点灯だけは欠かさず行い安否確認が日課になりつつあります。

002

そんな中、11月に入りまたまた新たなメンバーが宅配便で届けられてきました。
今回の子は、なんと妊婦さん!!!お腹に数個の卵を抱えて遠路遥々福岡の地から大阪まで発泡スチロールの中にビニール袋包まれ水草と一緒に長い道のりをやってきました。

003

この箱に詰められて。

Image5   Image6

これに包まれて。             ビニール袋に入って。

Image7

無事に到着!!!
私は何もできないので花村本部長がしている作業を見ていただけですが、以前も書かせて頂いたようにエビは環境変化に弱く徐々に慣らしていくため、すぐに水槽に入れるのではなく、バケツに写し水槽の水を徐々に足していき環境に慣らしていくとのことでした。

004

005

一昼夜掛けて水槽の水を継ぎ足しエビに水質を馴れさせることに成功し無事に他のエビ達が待つ水槽へ引っ越しを済ませることができました。

Image10

全ての工程を花村本部長が行ったのですが、知識と興味がなければ飼育はできないなぁ~と改めて感心しました。
今回のエビの中には、妊婦さんもいるので小エビ達が無事に生まれてくることを楽しみにしつつ、益々私を癒してくれることを切に願いながら、体調2㎝に満たないほどの癒し社員に気分転換をしてもらっていることに感謝と、そんな機会を頂いた花村本部長に感謝をしています。

不動産事業部 部長代理 小宅  裕一

|

2017年11月21日 (火)

エイト社員ブログ「大阪支店の癒し社員」

先月からエイト大阪支店に新たな仲間が加わりました。
と言っても「エビ」なんですけど。
花村本部長がとある日、買い物があるから
ホームセンターに行ってくると言って出掛け帰ってくると
自転車のカゴに入りきらない箱を乗せていました。

箱の側面を見てみると水槽のプリントがしてあり、
本部長に何を飼うのですかと聞いてみると「エビ」と一言。

本社では、小さな魚や金魚などを飼育していたので、初めはエビ???と
心の中で思いましたが言葉には出さず、そうなんですねと返答をしていました。

出入口の真正面に水槽をセッティングしてしばらくは、
水と水草だけで水質を落ち着かせ飼育環境を整えていました。

Image1

本部長曰く、鑑賞用のエビはデリケートで水質や水温の変化に敏感で
ちょっとした変化に耐えられないこともあるから環境が大事なんだとのことでした。

そんな話から約1週間後のある日、東京での休日を終え
大阪に戻ってくると水槽の中に小さな小さな赤い物体がいるような気がして、
よ~く中を眺めてみると2cmにも満たない
数匹のエビが水槽の中にいるではないですか!!!

Image2

Image3

すぐさま本部長に、エビ!!!と聞くと、
何やらオークションで購入したそうでした。

種類は、
「ビーシュリンプ、ヌマエビ科ワリヌマエビ属のエビの一種の淡水エビ」であり
鮮やかな体色から観賞用に飼育され、繁殖も比較的容易な為、
愛好者も多いそうです。(Wikipedia参照)

初めは、エビか~とあまり気にも留めていなかったのですが、
じっくり眺めてみるとこれがまた中々可愛いことに気が付きました。

小さい足を懸命に動かして泳いで移動する姿は、
兎に角一生懸命で愛らしいと感じてしまいました。
それからは、朝の出社時に生存の確認と時間があれば水槽を眺め、
藻や水草に隠れているエビを見ては癒されています。

大阪でも業務も残りわずかとなりましたが、
癒し社員のエビ達に癒してもらいながら最後までやり遂げて行きたいと思っています。
このような癒しを提供して頂いた、花村本部長有難う御座います。

不動産事業部 部長代理 小宅  裕一

|

2017年6月 2日 (金)

エイト社員ブログ 「小さな幸せ」

少し前のことになりますが、2月のとある日の大阪での出来事です。
その日は小雨降る肌寒い日でした。
私は日曜でしたが仕事のため出勤していました。

お昼になり、いつもは会社の仲間とお弁当を注文しているのですが、
日曜で一人のこともあり、たまには外で食べようと
散歩がてら出かけることにしました。

雨も上がりたまには街中で食べようと、歩いて10分くらいで行ける
道頓堀に向かいました。
何を食べようか考えながら道頓堀川の遊歩道を歩いていくと、
目の前にいつもと違った光景が広がっていました。
遊歩道いっぱいにテントが並び人だかりができていました。

1_3

気になり向かってみると、そこにはテントのほかに無数の自動販売機が
設置してあり係の人なのか、こちらへどうぞと自動販売機へ促され、
私は促されるまま自動販売機の前に立った時に「あ!」と気が付きました。

それは、飲料メーカーのKIRINが行っている缶コーヒーFIREの
全国100万本サンプリング第2弾のイベントでした。
以前から、FIREをよく飲んでいたのでラッキーと思いつつ、
全部同じ缶コーヒーなのにどれにしようか少し考えてしまい、
おバカだな~と感じながらボタンを押し無料の缶コーヒーを頂いて
その場を後にしようとした時でした。

2

チェーンで仕切られたところを出口へ向かっていたところ、
係りの方からどうぞとビニール袋を手渡され「ありがとうございました」の
声をかけられながらその場を離れました。

3

後でビニール袋を広げてみると、更に2本の缶コーヒーが入っており
二度嬉しい気持ちにさせてもらえました。
たまたまとはいえ、自分の運の良さに感心しながらお昼にラーメンを
食べて会社へ戻りました。

その日の仕事は、缶コーヒーのお陰か順調に進めることができました。
KIRINさん、いつも美味しい缶コーヒーと仕事の合間の「ホッと」した
時間を頂き有難う御座いました。

4

不動産事業部 課長 小宅  裕一

|

2017年5月30日 (火)

エイト社員ブログ 「大阪での日々」

私が大阪に滞在するようになって、早くも1年が過ぎました。
大阪での仕事も新たなエイトの仲間のお陰でだいぶ落ちつき、
休日には大阪の街を散策する余裕も持てるようになってきました。

大阪には、大阪城や道頓堀など観光に事欠くことはありませんし、
大阪市内は交通の便も良く移動には困ることはありません。
ですが、最近は事務仕事が多く体を動かす機会が少ないこともあり、
散策ついでに運動不足の解消も多少したいなと考えていました。

大阪市街地は割合平坦な所が多く、以前から自転車で良く
移動していたことからサイクリングをしながら散策しようと決めました。

ただ、会社の自転車は近場の移動に最適な
一般的なミニベロ(小型自転車)でしたので、
長い時間の移動は足への負担がかなりあり散策には不向きでした。

1

チェーンホイール

そんな時、大阪で一緒に仕事をしているH部長が、
半年前に突然購入してきた真っ赤なミニベロなら場所も取らないし、
インチは会社のミニベロと変わりませんが、車体がアルミで
軽量化されているのとチェーンホイールの口径が通常48Tのところ52Tと
大きいことから、ひと漕ぎでの進む距離が大幅に伸び、
少の距離でも快適に移動ができるのではと考え思い切って購入することにしました。

そのミニベロは、DOPPELGANGER®(ドッペルギャンガー)製の
219 aurora(オーロラ)。

2_2

このメーカーのミニベロは、カスタマイズできるパーツが豊富にあり
更に快適な乗り心地を追求することができます。
そんな訳で、H部長のミニベロを参考にサスペンション
内蔵型シートポスト(サドルと自転車の間の棒)やサドルからハンドルまでの
距離が短いため乗車時の窮屈さを解消するためのハンドルアダプターなどを付け
快適さを追求していきました。
とは言ってもほとんどH部長のミニベロのマネですが(;^_^A

4
【愛車のミニベロ】
今では、大阪での休みは愛車のミニベロで散策兼健康管理を行っております。

5
【大阪ドーム南公園】

6
【重要文化財の大阪市中央公会堂】

7
【日本銀行大阪支店】

ただ、購入した1月は真冬でサイクリングは寒さとの戦いになり
近場しか行けていないので、これからの暖かい時期には半日から
1日かけてまだ知らない大阪の街を散策してみたいと思っております。

最後に、H部長にはミニベロのことで様々な相談からパーツの交換まで
お世話になり有難う御座いました。

不動産事業部 課長 小宅 裕一

|

2017年2月17日 (金)

エイト社員ブログ 「社員研修2016in沖縄・宮古島 №3」

社員研修3日目

宮古島を離れエイトの支店がある沖縄本島に向かいました。
3日目の予定は、沖縄支店を訪問と新規事業のアイフォンクリニックを
見学するというものでした。

宮古島から那覇まで空路で移動し、その後は4台の車に分かれ、
社長・専務・常務・臼井部長に運転して頂き、移動となりました。
那覇から1時間ほどで沖縄支店へ到着し、忙しい仕事中や休みにも
関わらず支店の方々が出迎えてくれた時には、
気遣いの精神の大切さを改めて感じさせて頂きました。

Image1

Image2

沖縄支店にて
支店を後にし、次はアイフォンクリニックが出店している北谷の
アメリカンビレッチへ向かいました。

沖縄で立ち上げた新規事業であるアイフォンクリニックは低価格での修理は
もちろんのこと様々なiPhone商品が購入できるお店となっており、
androidユーザーの私もiPhoneに変えようかと思うくらい充実した
ラインナップのお店でした。

Image3

Image4

アイフォンクリニックの店頭看板では記念撮影もできます!!!
アイフォンクリニックを見学させて頂いてからは、自由行動となり地元の
神谷さんに無理やり案内をお願いしアメリカンビレッチを散策し沖縄の海を
堪能してきました。

Image5

Image6

あっという間の3泊4日の社員研修でしたが、門倉専務の諦めない行動力、
沖縄支店の方々の身内に対する気遣い、本社若手社員の気遣いを目にして
自身が同じようなことが果たして行えるか自問自答するキッカケになり、
もう一度初心に戻って気遣いとは何なのか考える良い機会を
頂けた社員研修になりました。

社員研修に参加させて頂いた、社長はじめエイトの仲間に感謝しております。
有難う御座いました。

不動産事業部 課長 小宅 裕一

|

2017年2月16日 (木)

エイト社員ブログ 「社員研修2016in沖縄・宮古島 №2」

社員研修2日目
門倉専務のご尽力のお陰で、宮古島での朝を迎えることができました。
前日は日が落ちてからの到着だったため、景色を臨むことは叶いませんでしたが、
翌日の透明な強い陽差しに照らされた景色を見たとき感じたのは
一言「絵ハガキに見たような現実の感動の景色」でした。
後で教えて頂いたのですが、昨年まで日本一キレイなビーチで第一位だったそうです。

Image1_5

バルコニーからの景色

Image2

宿泊先の東急リゾートホテル
朝食を済ませ、2日目はバスにて宮古島を巡らせて頂きました。
言葉よりも写真の方が伝わると思うので、観光の様子をご覧下さい。

Image3

まずは、佐和田の浜:海に転がる無数の大岩が独特な
風景を創り出す浜は幻想的でした。

Image4

下地島パイロット訓練飛行場、海底が望めるほど透き通っていました。
Image5

通り池:コバルトブルーが美しい、2つの池。
下部で互いに繋がっていることからこの名がついたとか。

Image6

砂山ビーチ、山道を抜けた先に見える海は絶景の一言!!!

Image7

砂山ビーチで記念撮影
この後は、昼食を取り宮古島海中公園、雪塩ミュージアムへ
立ち寄り東平安名崎の観光をさせて頂きました。

Image8

東平安名崎:灯台から
いつもながら、社員研修では普段では中々経験できないことをさせて頂きました。
夕方ホテルに戻り、夕日を眺めながら2日目の研修を終えました。

Image9

本当は、夜の食事会で恒例?のドッキリがありましたので
ご興味のある方は下記をクリックしてご覧下さい。

社長ブログ
宮古島・沖縄 研修旅行! NO3 http://blogs.yahoo.co.jp/eightshikun/41792602.html
宮古島・沖縄 研修旅行! NO4 http://blogs.yahoo.co.jp/eightshikun/41793985.html
宮古島・沖縄 研修旅行! NO5 http://blogs.yahoo.co.jp/eightshikun/41794952.html
宮古島・沖縄 研修旅行! NO6 http://blogs.yahoo.co.jp/eightshikun/41797466.html

不動産事業部 課長 小宅 裕一

|

2017年2月14日 (火)

エイト社員ブログ 「社員研修2016in沖縄・宮古島 №1」

2016年の社員研修で、12月9日~12日の3泊4日にて
「沖縄・宮古島」に行ってまいりました。

今回の研修先は、支店のある沖縄ということで日頃は中々会うことのできない
エイトの仲間に会える嬉しさと、初の沖縄・宮古島に行ける
ワクワク感を感じていました。

私は現在、大阪にて業務を行っている関係でこちらから向かうことになりました。
当日は、支店に集合し直通バスで伊丹空港まで行き伊丹~那覇経由で宮古島へ
行く航程でした。バスも順調に進み予定通り伊丹に着き、飛行機も何事もなく
那覇に到着し次は宮古島か~と呑気に思っていた時、那覇空港では事件が
発生していました。

那覇空港へ着陸してスマフォに手を伸ばし、
LINEをふと見ると沖縄の神谷さんから衝撃の内容が
送られてきました。「那覇発の宮古行きは北海道の雪の影響のため欠航となりました。
別便で手配してくれている最中なので宮古到着が遅れます。」

なんと・・・( ゚Д゚)そんなこともあるんだなぁ~と思いながらも、
何で北海道の影響が?と思いながら那覇空港に到着し、
門倉専務と神谷さんと合流しました。

Photo_3

2

(那覇空港で足止めの一コマ)

専務は、欠航が決まってから別便の手配など懸命に交渉をして頂いており、
3名分の席は確保できたけど他は明日の朝になるかもしれないとのお話でした。
それでも専務は交渉に交渉を重ね合計7席の確保をして下さりました。
どうしてその様な事ができたのか尋ねたところ、
「何事も諦めない気持ちと日頃から人脈づくりを大切行っている賜物だよ」と
仰っていました。

専務への尊敬の気持ちと人脈の重要さを改めて考えさせて頂ける貴重な
経験をさせて頂きました。専務に感謝の気持ちを頂きながら、当初の出発予定から
1時間遅れで宮古島へ飛び立つことになりました。

約1時間のフライトで無事に宮古空港に着くことができ、
皆の待つホテルへ向かいました。
ホテルへ到着すると、社歴の浅い社員が出迎えてくれ食事会場まで案内してくれ
社長をはじめ社員全員に出迎えて頂き、食事をして1日目の社員研修を
終えることになりました。社員研修の1日目は、何事も諦めずに行えば道が
開けることを門倉専務に実際の行動で教えて頂きました。
専務本当に有難う御座います。

つづく

Photo_5

(ホテルのバルコニーから)

不動産事業部  課長 小宅 裕一

|

2017年2月 1日 (水)

エイト社員社員ブログ 「焼肉チャーハン」

1月八王子に帰省したとある日、夕飯を何にしようかと
考えていました。その時ふと社長のブログを思い出しました。
そう言えば、昨年末と今年上旬のブログで社長と役員が焼肉チャーハンで
盛り上がっていたなぁ~と。

そのお店は、散田5丁目にある「白龍」という中華料理のお店。
思い立ったら行動するを今年のスローガンにしている私は、
八王子の自宅からお店までの道のり約2.5㎞を歩いて向かいました。
(少しでもお腹を空かせようと(^_^;))

当日は、寒波の影響で気温が低くかなり寒い状況でしたが、一度決めたらと
強い気持ちで乗り切りました。30分ほど歩いて目的の白龍に到着し、
夕食時のこともあってか店内は込んでいましたが、
テーブルが一つだけ空いておりラッキーと感じながら席に着きました。

Image1_2

いつもなら、メニューを見ながら何を注文するか悩むのですが、
今日は違います!なんせ目的が決まっていましたから、
店員さんがお茶を持ってくると同時に焼肉チャーハンとラーメンを注文しました。

Image2

食事がくるまでは、店内を眺めたりメニューを見たりして待っていましたが、
10分もかからずに待ちに待った焼肉チャーハンとご対面しました。

Image3

それを目にしたとき一番に感じたのが、皿がでかくて量が多い・・・。
このボリュームで700円とは、リーズナブルなお値段設定!と
感心しながら一口目を頂きました。ラーメンは昔ながらの中華そばの感じ 
そしてチャーハンもとても美味しく、焼肉は実家の母親が昔作ってくれた
お肉をエバラ焼肉のたれで炒めた好物の味がしました。

どこか懐かしい味と添えられた野菜のお陰で箸が進みましたが、
先にも書きましたが量が多くてラーメンも注文したことに少し後悔しながらも
美味しく完食させて頂きました。金額もお腹も大満足することができました。

Image4

店を出ると相変わらずの寒さに、目的を達成して満足した私は到底歩いて
帰る気にもなれず甲州街道まで出てバスで帰ったのでした。
焼肉チャーハンに出会うキッカケを頂いた社長有難う御座いました。

これからも何かの折には 懐かしく食べたくなる味を思い出す予感がしました。
そして減量を目指している時は 思い出さないようにします。

不動産事業部 課長 小宅 裕一

|

2016年12月 8日 (木)

エイト社員ブログ 「大阪での日々」

早いもので、昨年の12月に大阪支店新規事業立ち上げの為に、
大阪に入りもうすぐ1年が経とうとしています。不慣れな環境に戸惑いながら 
多忙な日々の仕事に追われ毎日を過ごしていたのが 今では懐かしく感じます。

現在は、環境にも慣れ 仕事でも完璧とまでは言えませんが、
お客様に支障が出ないよう日々業務に努める毎日を送っています。
振り返ってみると、4月の業務開始からの2ヶ月間は業務が上手く進まず、
悩んだ時期もありました。

その時は、決まって花村副本部長と酒を酌み交わしながら、
どうしたら業務が円滑に進めるのか話をしたのがつい昨日のように思えます。

現在は、以前より気持ちの余裕ができ、近場ですが大阪観光を楽しむことも
出来るようになりました。 少しずつですが大阪の生活を楽しむゆとりが
できたように感じています。

Image1_3
※大阪城

Image2_4
※夜の通天閣   

Image3
※夜に映えるあべのハルカス

最近は、仕事終わりに 近くにある道頓堀に散歩に出かける事が増えました。
道頓堀川沿いは通路が整備されており、片道約800mあり往復すると散歩には
ちょうど良い距離です。
時間があれば何も考えずに歩くのが日課になりつつあります。

Image4
※川面に映る有名なグリコの看板 

Image5
※道頓堀川遊歩道

もう少し余裕がでたら、少し遠出をして京都や奈良などにも
観光に出かけたいなと思う今日この頃です。
まだまだ、業務が落ちつかない毎日ですが、一日でも早くお客様に満足頂けるよう、
一歩一歩努力を積み重ねて行こうと思っております。

これからも、日々チャレンジ精神を持ち続け成長し、
早い時期にお客様から「ありがとう」と思って頂けるよう頑張って参ります。
この様な機会に携わることが出来たことに感謝しております。

不動産事業部 課長 小宅 裕一

|

2016年11月26日 (土)

エイト社員ブログ 「駅にて」

いつも大体コースの決まっている朝清掃ですが、
土日は 京王八王子駅周辺を清掃します。

たくさんの人の行き交う京王八王子駅で目の不自由な方が
白い杖を揺らして 立ち止まっていました。
「何かお手伝いしましょうか」と声をかけると 
駅の改札はどこでしょうかと聞かれました。

こんな経験はありませんので「どうしたらいいでしょうか」と聞きますと
ヒジにつかまらせてくださいと おっしゃいます。

右ヒジをお貸しして改札まで案内しました。
こんな自分でも 小さな役にたった事ですごく嬉しくなりました。
お礼を言うのはこちらのほうです。という気分で朝が楽しくなりました。

今までは ぼんやり歩く道も 困っている人に目が行くようになりました。
その後も 高幡不動の駅で同じように壁際で杖を揺らしている方に
声をかけてご案内することに成功。

余計なお世話にならないように  誰かの気持ちを楽にしてあげることは
割と簡単なことかもしれません。

不動産事業部 係長 田中 一美

|

より以前の記事一覧