カテゴリー「02 梅田 友章」の39件の投稿

2016年12月 3日 (土)

エイト社員ブログ 「八王子法人会青年部会」

八王子法人会青年部会では安藤謙一郎部会長を先頭に、
中身のある充実した活動を、微力ながら私もご一緒させて頂いている。
現在では日本全国にある法人会青年部の中で全国一位の会員数を誇る部会だ。

委員会別に様々な事業を行っており、
社会貢献、地域貢献、租税教育、交流事業など
事業の内容も大変勉強になるが、私が最も有り難いと思うのは八王子の地元で
ご活躍されている先輩達や仲間と交流がとれることだ。

本当に有り難い。

先日、恒例事業である2年に一度の一泊研修に参加をさせて頂いた。
研修の講師には青年部会に所属して頂いている、
弁護士法人八王子ひまわり法律事務所の古川弁護士に
ご講義頂き、日常生活や日頃の業務でも大変参考になるお話を頂いた。

一泊研修では遅い時間まで仲間同士語り合い、本当に有意義な時間を
過ごさせて頂きました。2年間の任期で部会を運営しているが、
残り少ない安藤年度を盛り上げていきたい。

また、来年度には樫崎雅彦 新部会長体制も決定しており、
さらにさらに盛り上げていきたい。
このような活動に参加させて頂ける環境に、感謝!仕事ガンバロ!

Photo_5

常務取締役 梅田 友章

|

2014年11月 1日 (土)

エイト社員ブログ「読書の秋」

早いものでもう11月を迎えた。
弊社の27期がスタートして4ヶ月が過ぎた。本当に早い。

弊社では毎年6月の最終土曜日に経営計画発表会を
日頃お世話になっているお客様や協力業者様、関係者の皆様をお迎えして
開催される。
弊社の社員に経営計画書(手帳)が当日に配布される。
手帳の中には弊社の夢や考え方、各部門セグメント別の年度方針などが
記載されており、毎年更新をしてより良いものを作成している。
手帳の中には推薦図書リストがあり幹部だけでなく
弊社の社員が良書だと思えば申請をしてリストに追記できる仕組みだ
(勿論、リストに挙げる前に我々もすぐに読みます)

先日、待ちに待った本が出版された。
あさ出版さんから「一流になりたければ、エリートより落ちこぼれに聞きなさい」
という白柳社長が著者の一冊だ。
Photo
社員や我々にも内緒で以前から出版社と話を進めていたらしいが、
私はアマゾンのサイトで本の検索を2か月程前にしていると
題目は未定でしたが著者:白柳雅文の文字が?
これは!と思い白柳社長に尋ねてみると、なんで知ってるの?と
びっくりしておりました。
出版予定の本は数ヵ月前から告知されるらしく
今回このタイミングで出版される事が決まっていた。
内容についてはいつもお話し下さっていることや共感できることが多く
皆さんも是非、読んでみて欲しい。

尊敬している八王子の先輩経営者から一冊の本を推して頂いた。
龍の話を6段階(潜龍・見龍・乾惕・躍龍・飛龍・亢龍)に描いて
自分や会社、他の社員などの成長過程に摺り合せて読むことができる
大変勉強になった良書でした。
やはり、立派な経営者はいつになっても継続して勉強しているなと、
読書の量が最近減ってきている自分に気づきを与えてくれた一冊でもありました。
ありがとうございます。

最後に、社長!本の中に出てくる幽霊社長が目指す社長像とありましたが、
白柳社長もでてくるのでしょうね!
まだまだまだまだまだまだまだま~だ先の話ですが(笑)

常務取締役 梅田 友章

|

2013年6月 7日 (金)

サンクスカード

Thanks

 弊社でもサンクスカードの使用を開始した。

普段は形には残らない言葉で伝えていた
「ありがとう」を形にして社内や社外の方々へお渡ししていく試みだ。

早速まだ数枚ではあるが社内・社外の方へお渡しさせて頂いた。
渡すときには、さらっと言葉で伝える感謝の気持ちとは違い、
なんともいえない恥ずかしさがこみ上げるが本当に思っていることだし、
何より相手が喜んでいただけることを嬉しく思う。

大きな感謝をする場面はあたりまえに誰にでも気づきやすいが、
日々の小さな出来事にこそ人に感謝できるように
沢山のサンクスカードを使用して、弊社の経営計画書に記載されている
『日本で一番お客様から「ありがとう」を集める会社になる』ことを実践する
『サンクスカード』に感謝!!!

 常務取締役 梅田 友章

| | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

仕事

Wmn0096001

 お仕事を頂いているお客様には勿論感謝だが、
その仕事を円滑に遂行してくださっている現場で従事している方々、
縁の下の力持ち的な存在の総務部の方々、
仕事を受注するきっかけを作る営業の方々。すべての人に感謝である。

弊社では官公庁の入札案件に参加させていただいているが、
競争が激化する中、少しでも競合他社より安価に業務を受注し
他社より優れたサービスを提供すべく日々奮闘している。

特に新規の案件を手がける担当者にしてみれば、
本当に問題なく自分が描いたとおりの業務が出来るか?赤字にはならないか?
等の不安はあると思うが、

最終的には受注させていただいた仕事を必ずやり遂げる!!という
『熱意』に尽きると思う。(勿論、建設的に進めることも重要ですが・・・)

弊社の経営計画書に「会社は人間性を高める場所です。
人間性は苦労して初めて磨かれていくものです。
よって、苦労することを我々は生き甲斐とします。」とある。

人間性を高めながら、仕事が出来る環境に感謝し、
遅くまで仕事をしていただいているすべての方に感謝します。

 常務取締役 梅田 友章

| | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

安全運転管理者

02

一定台数以上の自動車を使用する会社は安全運転管理者と
副安全運転管理者を選任しなければならいと道路交通法で定められており、
法令できめられた講習を受講することになっている。

弊社もこれに該当するので、副安全運転管理者に選任されている私は
講習会を受講させていただいた。

弊社の経営計画書の中に運転に関する方針が記載されているが、
携帯電話の利用や駐車違反等、
特に飲酒運転については厳しい処罰を記載している。

企業の社会的責任の一つとして法令を遵守し
安全運転を心がけることは当然である。

交通事故を起こしてしまうことは
社会に多大な迷惑をかけることはいうまでも無い。

講習会の中で飲酒運転事故に関するデータ(平成13年から平成23年まで)
があり10年前に比べ約1/5で5029件。死亡事故については
約1/4で269件という数字が刻まれていた。

一日に換算すると約13件の飲酒運転事故が発生しており減少傾向といえども、
0件になることを願いたい。

絶対にあってはいけないことだが、
起こるべくして起こる事故を起こさぬよう、自分は勿論、全従業員、
協力会社の皆様、関係しているすべての方々に
良いスパイラルを発信しようと律する良い機会となった。

常務取締役 梅田 友章

| | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

伊藤しょうこう後援会日帰りバス旅行

01

03

八王子市議会議員 伊藤しょうこう議員の後援会主催の
日帰りバス旅行が370名もの参加者が集まっていただき盛大に開催された。

群馬県の諏訪峡の紅葉と水上温泉、りんご狩り等
盛りだくさんの企画で事故やトラブルも無く無事に八王子に到着した。

私は車両スタッフとして1台のバスを担当し
1日お手伝いとして参加をさせていただいた。

参加をしてくださった中のお一人の方が、
私がエイトの従業員と知っていたこともあり、
お宅の門倉専務は今年はどのバスなの?との質問。

本来は参加の予定でしたが、急な出張のため欠席している旨を伝えると、

「あら!残念!!会えるのを楽しみにしていたのに!!会いたかったわ~」と一言。

私が言うのもおこがましいが、門倉専務が相手のして欲しいことを常に気遣い、
配慮をしているからこそのありがたいお言葉だ。

仕事にも通ずる所があり、私も自分が知らない所で
そんな言葉を投げかけてもらえるようにならなければと思う瞬間であった。

貴重な経験をさせていただきながら
とても楽しい旅行会であった。ありがとうございました。

常務取締役 梅田 友章

| | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

内定式

_

弊社の来年度入社予定の新卒者5名を迎えて、内定式が開催された。

つい先日、1年前に今年の4月から一緒に働かせていただいている
新入社員の内定式をしたばかりと思っていたが早いものである。

弊社の経営理念の唱和から始まり、経営方針八つの誓い

(エイトは 果敢に挑戦する
 エイトは 全力で行動する
 エイトは 創造力を発揮する
 エイトは 広い視野で考える
 エイトは 誠実に対応する
 エイトは 礼儀を重んじる
 エイトは 信頼を大切にする
 エイトは 社会に貢献する)

の唱和、白柳社長からの内定者へ向けたメッセージがあり、
内定証書と名刺の授与式を行った。

内定者一人ひとりからの決意表明?!もあり内定者の5名は勿論、
私も含め出席している既存の社員達も本当に身が引きしまる。

私を含め、長年働いていただいている社員は勿論であるが、
特に感覚が近いであろう昨年度入社の5名には良き先輩として
力を発揮して欲しいと期待する。

又、来年度入社してくる皆様も先輩達を追い越す勢いで
切磋琢磨していただけたらと願う。

将来の弊社を担う若い力に期待と感謝を致します!!

常務取締役 梅田 友章

| | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

公益財団法人 スクール・エイド・ジャパン

Photo

 白柳社長、門倉専務とカンボジアへの視察に同行させていただいた。

弊社でも、昨年から2校の学校建設に協力をさせていただいている関係で
SAJ(スクール・エイド・ジャパン)さんの関係者の方々と
代表をお勤めになっているワタミグループの渡邉美樹会長とも
ご一緒をさせて頂く日程で、本当に貴重な経験をさせていただいた。

恥ずかしい話だが、カンボジアの知識については殆ど無知で、
白柳社長から向井 理さん主演の「僕たちは世界を変えることができない」
という映画だけは最低限観てとのアドバイスがあり出発をした。

カンボジアに到着し、スケジュールどおりに学校、
トゥール・スレン収容所、キリング・フィールド、SAJファーム、
孤児院と視察をさせていただいた。

トゥール・スレン収容所は1976年に知識人や
反革命分子を拷問監禁する施設に学校だった施設から転用された。
たった38年程前の話しである。当時のことを想像するだけで胸が熱くなる。

このような歴史背景の中、カンボジアには
基礎教育を受けられない子どもたちが数多く存在する。

12年前に渡邉会長を先頭にこの地へ降り、
ご苦労を重ねて現在があり、今、
ご一緒させていただき活動が出来ることに本当に感謝申し上げます。

平和な日本で当たり前に食事ができて、水が飲めて、
義務教育が受けられる意義をもう一度考え、
色々な気づきを与えてくださった本当に貴重な視察であった。

カンボジアに同行させていただいたすべての皆様と
留守をまもっていただいた弊社の皆様に感謝をし、
微力だが継続して貢献させていただくことをお誓い申し上げる。

本当にありがとうございました。

常務取締役 梅田 友章

| | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

伊藤しょうこう後援会

02

八王子市議会議員 伊藤しょうこう議員(以下、しょうこう議員と書きます)
の後援会活動に平成15年の初当選以来参加させていただいている。

現在の後援会組織は大きく分けると本部役員会と若手中心の祥広会があるが、
本部役員の常任幹事と若手中心の青年部会の幹事長の大役を
樫崎青年部長のもと仰せつかっている。

(祥広会は青年局・青年部・青年委員会と若手の中でも世代別に活動しており
弊社の門倉専務が会長をお努めになっている)

月に一度の定例会や季節ごとのイベントなど活動は盛りだくさんで、
本当に楽しく参加をさせていただいている。

その影には、いつも細かい段取りをしていただいている
青年局の諏訪幹事長の存在が大きい。本当に感謝である。
勿論、イベント行事だけではなく、
しょうこう議員の活動をボランティアで支えている。

この、ボランティアが「みそ」で報酬を頂く仕事とは一癖も二癖も違う。
こういったボランティア活動では、自分を見失う方が多いケースを良く耳にするが、
本当に皆さん同じベクトルを向いて活動している良い仲間である。

私が言うのもおこがましいが、
今後、しょうこう議員がステップアップしていく為に微力ながら
お手伝いをしていきたい。
しょうこう議員をはじめ、本当にいつもありがとうございます。

先日開催された年に一度の日帰り旅行会の打合せ時の写真を掲載します。

常務取締役 梅田 友章

| | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

会社見学会

03

来年度4月に向けての準備として、新卒者を迎えて弊社の会社見学会を開催した。
この見学会に参加をしてくださる方々は、
新宿NSビルでの会社説明会を行った後の書類選考をへて、
白柳社長・門倉専務を除く役員面接を通過した人を対象に行われる。

(最終的には白柳社長・門倉専務も加わっていただき最終面接は勿論あります)

半日を使っての行程だが毎回(本格的には2年目)門倉専務に同行させていただき、
私もお手伝いさせていただいている。

弊社の米軍事業部が米軍基地内で管理している物件を廻り、
実際に普段お世話になっている基地内の外国人さんとコミュニケーションをとり
英語でやりとりした。その後、基地を後にして不動産事業部で過去に開発をした
79区画の現場を見学し、建物総合事業本部で管理をしているプール管理の現場、
大型施設の清掃現場に行き、最後は弊社の自社物件を3件ほど通過し
雰囲気を感じていただく。

夕方からは白柳社長を含む役員全員及び総務の中山部長代理、
そして新卒者とのお酒の席での食事会をして会社見学会を締めくくる。
短い時間だが一緒に働く人もそうでない人も何かを得て欲しいと願う。

私も場面場面で気づきを与えられる質問をして
良いスパイラルの流れが最初からできるように努力したい。

世の中には色々な会社が数多くあるが、
その中でも弊社に興味を持っていただき
会社説明会・見学会と参加していただくことに感謝を申し上げる。

常務取締役 梅田 友章

| | トラックバック (0)