2018年11月26日 (月)

蹴上発電所

今回は事業用としては日本初の水力発電所である

京都の蹴上発電所へ妻と訪れました。

 

関西電力のCMでレトロな外観に惹かれて一度訪ねてみようと思い立ち

その時に調べてみたら見学は受け付けていなかったのですが、

おそらくCMの影響で要望が増えたのでしょう、

一年後ぐらいに確認すると見学の受付を開始しているのがわかり、申し込んでみました。

 

発電所の見学は今回が初めてです。

勉強すればするほど難しくなるのですが、

電気工事士の端くれとして電気にも興味を持つようになりました。

 

琵琶湖の水を京都に引く琵琶湖疎水を利用した水路式の水力発電所で

明治24年に運転が始まり、いまもなお現役で送電しているそうです。

Kh11261

                                 

Kh11262

   

 

実は現在の発電所は第3期のものでごく普通の建物でした。

第1期の建物は現存しないそうですが、

CMで見た煉瓦造りのレトロな建物は第2期のものだったのです。

Kh11263_2

   

 

CMではこのレトロな発電所が

いかにも現役で稼動しているような印象でしたが

建物が保存されているだけと知って残念・・・。

 

でも琵琶湖疎水が引かれたのは

東京遷都後に衰退していた京都の復興事業のひとつであったことや

発電所はアメリカの水力利用を参考にして

後で計画に加えられたものであったことなどがわかり

歴史としてもなかなか面白いお話を聞かせていただきました。

 

規模としてはかなり小さいようで

冬季はメンテナンスで運転を停止するそうですが、

一般家庭1,000軒分ぐらいの発電量なので

その分は他の発電所で十分賄えるということです。

 

日頃当たり前のように使用している電気ですが、

やはり停電になればそのありがたさが身に沁みます。

今回は改めて電気に感謝です。

建物総合事業本部 業務部 K. H

|

2018年11月23日 (金)

気ままにぶらり旅 その3

気ままにぶらり旅 その3

 

祭囃子に誘われて夜の街に繰り出して・・・

 

Mubd11231

                             

 

何とかホテルの自室にはたどり着いたらしく朝目覚めた時にはベッドで目覚める事が出来、

不思議な事に二日酔いも無く朝からしっかりとご飯を頂けました。

(有り難い事に朝食付き・和食中心のバイキング)

 

Mubd11232

 

 

朝ごはんを食べている時に

隣の席にいた年配のご夫婦が大獅子がどうとか、

今日、ホテルの側で舞うのが見られるとかそんな話をしているのを何気なく聞いていて・・・・・

 

大獅子・・・ 大獅子・・・ 大獅子・・・

 

ふと、十数年前ここ掛川を訪れた時の事を思い出しました。

それは、今回の様にふらっと訪れ目的も無く掛川城やその周辺を散策していた時の事です。

川沿いを散歩中にある蔵の様な建物を見つけ興味本位で中を覗くと何とそこには大きな大きな狛犬の様な顔が納まっているのを見つけました。

その瞬間は、いったい何者?????

と思ってはみたもののその時はそれ以上のことはせず帰宅。

 

後日大きな頭の事が気になり調べてみたら、それは、掛川祭りの際三年に一度だか四年に一度お出ましになり町中を舞い人々に無病息災を届けるらしい大獅子という事がわかり、絶対に見たいと思ったのを思い出しました。

 

そのことが気になりフロント係の人に尋ねると

年配のご夫婦が言っていた通りホテルのすぐ側で舞い始め、そこから町中練り歩き、そこかしこで舞いますよ。

と教えてくれました。

 

これは見学するしかないな!!!

 

早々、支度をしてホテルを出ると

朝からたくさんの人たちが既に通りに集まっています。

歓声と共に大獅子様の登場です。

 

Mubd11233

 

 

獅子とはちょっと違い何とも愛嬌のある感じのその顔にとても親近感を感じます・・・

 

そんな中、大獅子が舞う姿を見て十数年の思いが成し遂げられ鳥肌が立つのを覚えました。

 

Mubd11234

 

 

Mubd11235

 

 

今回の旅は、大獅子に引き寄せられ、来るべくして来る旅だったのではないかと一人かってにロマンと感動に浸っているのでした・・・・

 

 忙しい日々の中、この様な体験が出来た事は本当に有り難く感謝の気持ちでいっぱいです。

 

明日からまた頑張ろう・・・・・

 

そんな気持ちにさせてもらった旅でした。

 

         米軍・海外事業部 部長代理 M. U

|

ハウスクリーニング編 パート③

沖縄支店 課長代理 N. S

社員ブログ ハウスクリーニング編 パート②からのつづき

 

これから、このハウスクリーニングの事業に関わる全ての職人が協力して良い関係を築いていかなければ、良い仕事はできないという思いからこのような場を持って伝えさせて頂きました。

 

例えば、ハウスクリーニングで使用する床に塗るWAXが足りない状況で事務所に戻らないといけない場合になった場合20組の班がみんな協力的であれば、近くにいる班から借りることもできます。

それができれば往復1時間や2時間の移動時間、燃料費、人件費を削減することができます。

しかし、みんなのコミュニケーションがとれていないと余分なコストがかかります。

 

しかも、一番の良いところは協力的に仕事ができれば人は気持ちがいいものです。

 

これはこの事業を管理する私の仕事の一つだと思っている「働きやすい環境作り」に当てはまります。

 

それなので、私はどんな職人にも対等に話をしてそれが個人のわがままなのか全体の問題点なのかを判断してすぐに対策を打って解決するようにしております。

 

いつも率先的に協力してくれているこのハウスクリーニング事業に関わっている全ての職人や班長、事務員、弊社クルーの皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。

 

本当にいつもありがとうございます。

 

今後もこの事業をより大きく躍進させ為に、確固たる信頼関係を基礎としてどんな問題も解決してこの事業に関わる全ての人を幸せにしていくために精進致します。

 

このブログは見た方で興味がある不動産管理関係の方や個人オーナーの方はエイト沖縄支店(098-989-0961)までご連絡お願い致します。

(写真はハウスクリーニングメンバーの勉強会の様子です)

Nskd002

|

2018年11月22日 (木)

ハウスクリーニング編 パート②

沖縄支店 課長代理 N. S

前回のハウスクリーニング編 パート①からの続き
この事業が始まってから約1年経とうとしておりますが、
本当に色々な事を勉強させて頂きました。


ブログのハウスクリーニング編 パート①にも書かせて頂きましたが

ハウスクリーニングの現場はとても過酷です。

わりと綺麗な状態の部屋もあれば、汚れ具合が酷い状態の部屋もあり作業時間に大きな差がでてきます。

それでも決められて作業時間(通常は1日)以内に完了させなければなりません。

そんな現場で作業を行なう職人の皆様は非常に高い責任感で仕事を行っております。

だからこそ、真剣に物事を捉えて真剣にぶつかってきます。その職人の方々と協力して品質の高い清掃サービスを提供することが私の使命だと思っておりますので私も本気でぶつかり真剣に問題解決する為に熟考します。


時には厳しくいう事も多々ありますが、それは自分の事しか考えずに他の職人のことを考えていない場合などには厳しく言うようにしております。

もしも仮に私が、自分本位にしか考えられない職人の方の顔色を窺ってその人だけの意意見を全て真に受けて実行すると必ず他の職人からクレームが来ます


「なんであの人だけを優遇するのですか?」


「何故あの人の意見だけ聞くの?」


「何故私のいう事は聞いてくれないの?」


これでは管理する上での信頼関係が築けませんので、この事業が始まるときに全職人を集めて私は「ここにいる全員がエイトのチームであり、全員が仲間なので全員で協力することを約束して下さい、今までは協力関係がなかった職人同士でも今後は隣で困っている仲間がいる場合は必ず手を貸してあげて下さい、もし困っている仲間がいるのに手を貸さない人がいる場合は、私もその人には何も協力はしませんのでそれは肝に銘じといてください」と強い口調で言いました。

ハウスクリーニング編 パート③へつづく


このブログは見た方で興味がある不動産管理関係の方や個人オーナーの方はエイト沖縄支店(
098-989-0961)までご連絡お願い致します。

 

(写真はハウスクリーニング立上げメンバーの方々です)

 
Nskd001

|

2018年11月21日 (水)

気ままにぶらり旅 その2

 気ままにぶらり旅 その2

 

 熱海から新幹線で掛川へ・・・

 

Mubd11211

 

掛川に付いた頃にはもう夕方でしたが駅前がやけに賑やかで祭囃子が鳴り響き明らかにこの日はお祭りだという事がわかります。

祭り袢纏を着た人たちがそこかしこにいて、出店からはお酒が飲みたくなるようないい匂いが漂ってとても真っ直ぐにホテルへ向かう状況ではありません・・・

 あちらこちらと散策をしていると町中にたくさんの屋台が繰り出しているのに気が付きます。

屋台と言っても御所車の上にお囃子やら提灯やらいろいろとデコレーションした物を町単位で引き回している様に思います。

そのうちの一騎、引き回し前の準備をしている屋台の前で写真を取ろうとスマホを構えていると突然後ろから

「俺が撮るよ!」

と威勢のいい声がするので振り向くと、年配の組頭風のおじさまがにこにこして立っているではありませんか。

唖然としている自分に、

「俺が撮ってやるよ!」

再度こう言うや否やスマホを取って鮮やかな手つきで記念写真を撮ってくれたのです。

 

Mubd11212

 

見知らぬ旅人にこんなにも暖かく接してくれた事が本当に嬉しくて思わず一緒に写真を撮ってもらいました。

 

思い出のワンショットになりそうです・・・

 

いろいろな誘惑を振り切りようやくホテルに付いた頃にはすっかり日も暮れてしまいチェックインを済ませると

部屋で寛ぐ間もなく、

そうですもう一つのお楽しみ、最上階の温泉へと・・・

露天風呂からは、掛川城と祭りに興じる町の様子が見る事が出来、日頃の疲れを一気に癒す事が出来ました。

至福の一時です!!!

 

Mubd11213

 

部屋に帰りBEERを一本・・・

 

この後、祭囃子に誘われて夜の街へと繰り出したのは言うまでもありません・・・・・

 

Mubd11214

 

          続きは、次回のブログにて。

 

         米軍・海外事業部 部長代理 M. U

 

|

ハウスクリーニング編 パート①

沖縄支店 課長代理 N. S
2017年10月より弊社では
沖縄全土の米軍基地内のハウスクリーニング清掃業務を開始致しました。

この事業は、簡単に説明しますと米軍人が移動される際に入る
ハウスクリーニングの事業になります。
沖縄全土の米軍基地のハウスクリーニングなので、
約1万軒以上対象の部屋がありますので
毎日10~25軒(最大50軒)に対応できるように日々奮闘しております。

この事業はとても大きなもので協力業者と
弊社メンバーを合わせると100人以上の作業員がおります。

またこの事業では、色々な契約事情により前日に、
明日は20軒、明後日は10軒、明々後日は30~50軒などの注文が不特定に来ます。

毎日メールを10分おきにチェックしてその注文を契約書と照らし合わし、
その注文をデータとして保存する為に弊社現場管理システムに入力して
対応しているスタッフの方々にはいつも感謝しております。

また、ハウスクリーニングの清掃の現場は非常に過酷です。
汚れ具合は多種多様になっております。
汚れが全体に広がって作業時間がかかる現場から、
ある程度軽度な汚れの現場までまさにピンからキリまであります。

その現場を文句も言わずに黙々と清掃作業にあたっている
弊社クルーさん達には本当に頭が上がりません。

また協力して頂いている業者が多数おりますが、
まさにその方々は職人の腕を持っておりどんな汚れも
長年の経験と知識で綺麗な現場にすることができるのです。

その技術と知識には感動します。
その協力業者の皆様に毎日協力と、
たまには叱咤激励をしてもらいながら業務を
スムーズにするために私は働かせて頂いております。

今後は沖縄基地内の実績を生かして
民間の軍人向け住宅の清掃業務への拡大を目指しております。

このブログは見た方で興味がある不動産管理関係の方や個人オーナーの方は
エイト沖縄支店(098-989-0961)までご連絡お願い致します。 


ハウスクリーニング編 パート②へつづく・・・(2018/11/22公開予定)
(写真は毎月行っておりますハウスクリーニング知識向上の為の勉強会です)
 
Nskd001

|

2018年11月20日 (火)

父親の命日

7月1日、父親の一周忌を迎えました。
父親とは昔、うまが合わない時期もあり口もきかない若い時代もありました。
もともと電気工事の職人上がりの父親ですが、私が学生時代に父親の会社に
アルバイトにちょくちょくいってました。父親の仕事ぶりを目の当たりにして、心の中で
「すごいなあ。」と感じていました。
しかし、血気盛んな若い私はそれを素直に表現できていなくて。。。
アルバイト中も衝突したり、反抗したりなどもありました。今思えばかなり生意気な
私でした。
互いに年齢を重ねていくうちに、変なわだかまりも解けて良好な関係で過ごせました。
一緒にみんなで食事に行ったり、旅行に行ったり、色々な会話もできる関係にもなっていました。
父親の晩年は孫にも囲まれて、いつも笑顔でした。
僕自身は直接感謝の言葉を伝えることが生前、中々できていなかったように思います。

ここまで育ててくれてありがとうございました。

一周忌を迎えあらためて仏前に感謝の気持ちを伝えた一日でした。
また父親の命日休暇を頂きましたこと、感謝いたします。
建物総合事業本部 係長 M. M

|

2018年11月19日 (月)

気ままにぶらり旅 その1

気ままにぶらり旅 その1

 

久し振りに二日間のお休みを頂きふと思い立ち

気が付くとロマンスカーに乗り西へ・・・

 

朝目覚めると無性に旅に出たい衝動に駆られ

いつもの通りノープランで西へ西へと思い新百合ヶ丘から

小田急のロマンスカーに乗りまずは小田原へ。

コーヒーとサンドウィッチを頂きながら車窓を眺めていると・・・

「最初は、海だな!!」

海・・・魚・・・お寿司・・・

既に頭の中は海とお寿司でいっぱいです。

という事で、ロマンスカーを小田原で降りて、

そこから先はJR東海道線に乗り換えて湯河原へ

良く行くお寿司屋さん(もちろん回るお寿司屋さん)へ直行です。

Mubd11191

「とりあえずBEER

お決まりのオーダーに

これまたお決まりの鮪と鉄火巻!

 

Mubd11192

のどが潤った後は日本酒へと・・・

やはり酒にはいかとかっぱ巻き!!!!

 

Mubd11193

 

〆にあおさのお椀を頂き大満足の一人呑みです。

 

Mubd1119_4

 

お腹が満たされたのでもう一つの楽しみ「海」へと向かいます。

 

Mubd1119_5

青い空と、広い海を眺める贅沢!

この一時が日頃の疲れを一気に癒してくれます。

やっぱり来て良かったと思うのと同時にこんな時間が持てた事に本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいでした。

しばし海を見ながら感慨に耽っていると、早いもので時計は午後三時前・・・

 

そうそう、今夜の宿を手配しないと

一泊だからあまり遠くへは行けないしかといってこのまま湯河原、熱海あたりでは旅感無いし・・・

せめて浜名湖位まではたどり着きたいと、じゃらん様の今夜の宿で早速検索。

・・・・・・・・・・・・・

どこも空いてない!

舘山寺付近の温泉宿から浜松地域のホテルまでオールダメ!

ならば、少してまえの磐田・袋井、なぜかこの日はどこも空室が無く更に手前の掛川を検索した時にようやくヒット!

以前にも利用させて頂いたドーミーインホテル。

ここは、ビジネス系だけど天然温泉を完備しており自分にとっては申し分のないホテルが見つかり即予約!!

今夜の宿も決まり、現地でのお楽しみの為熱海からは新幹線で、いざ掛川へ・・・・・

Mubd11196

 

           続きは、次回のブログにて。

 

          米軍・海外事業部 部長代理 M. U

|

「母誕生日休暇」取得の件

7月2日(月)は、僕の母親の誕生日でした。
弊社には、「両親の誕生日休暇」を取得できるという福利厚生が有ります。
エイトに入社して早4年が経過しますが、毎年有りがたく利用させて頂いております。
むしろ、母親の方から「今年も休めるの?」と聞いてきます、、、。
結構、楽しみにしてくれているのかもしれません(笑)
社会人になり、なんだかんだで、母と出かけたりする機会も減り、
この福利厚生が無かったらもっと母とゆっくり出かける機会も無いのだろうな(汗)と、
感じております。
さて今年の誕生日はなにをプレゼントしようか考えていましたが、
母から「部屋のテレビを録画出来る様にしてほしい」と希望が有りました。
なので、外付けのハードディスクを買ってあげよう!
と思い、念のため母の部屋のテレビを確認しに行くと、なんとびっくり
テレビに録画機能すらついていない・・・・・汗
こんなに古いテレビだったなんて知りませんでした。
良し!と奮起して、テレビとハードディスクを買いに行きました。
※録画機能付きのテレビは高すぎて買えません(笑)
テレビ、どこが安いかなと考えたのですが一瞬で思いつきました。
ドン○ホー○ですね(笑)
さんざん悩んで、32型のテレビと外付けのハードディスク3tbをプレゼント。

Tkkd001

その後、家に帰り設置をしたのですが、今までおいていた所にテレビが大きくなった分、
置けないという事が分かり、テレビ台から買い直すことに・・・・
まぁ、快適になり、たくさん録画も出来る様になったのでよかったです(^^)/
ちなみに、僕の母は保育士として働いており、夜遅くまで仕事したり、
朝早く出勤したりと、結構大変な仕事をしております。
僕自身、社会人になって気づいたのですが、1日仕事をして帰った後の我が家での、
つかの間のひと時って、ほんとに大事ですよね!
この時間に気持ちをリセットして「明日も頑張ろう」ってなれるかどうか、
なるべく自宅ではストレス溜めたくないですもんね( 一一)
なので、テレビセットはなかなか良いプレゼントだったのではないかと自負しております。
我が家のリビングのテレビは激戦区なので(笑)
※あと、犬がいるので遊んでくれ~~って寄って来てテレビどころではないです。
さて、長くなってしまいましたが、
毎年誕生日にきちっと親孝行する機会を作って頂けるこの福利厚生が大好きです。
そして本当に感謝しております。
毎年、ブログに書かせて頂いておりますが、
様々な福利厚生が用意されているエイトに感謝しております。
また、改めてここまで育ててもらった両親に感謝しております。
まだまだ未熟な社会人ですが、一流の社会人になってどんどん親孝行していきます。
ちなみに目標は両親に老後の家を買ってあげる事です。
頑張ります( 一一)
不動産事業部の皆さまにも休みを取る事、協力して頂き感謝しております。
まだまだ、僕は頑張りますので今後ともどうぞ宜しくお願い致します!!
不動産事業部 課長代理 T.K

|

2018年11月16日 (金)

配偶者誕生日休暇を頂いて。

去年は直前まで誕生日を忘れていて(1か月前には気付いたんですよ)シフトを調整していただいたりお店を予約したりとバタバタとしましたが、今年は事前に配偶者誕生日休暇の

申請をさせていただき準備万全で当日を迎える事ができました。

 

去年と同様、昼は美味しいもんを作ってと言われていたのでお得意のオムライスを

作り、私が料理の準備をしている間に子供達は掃除に洗濯に励んでいました。

 

掃除と洗濯が終わる頃にはオムライスとコンソメスープが出来あがり家族4人が揃うのを

待っているかのように美味しそうな香りを漂わせていました。(自画自賛)

家族4人そろい「いただきます」して私はキョロキョロ。嫁が一口食べるや否や

「美味しいやろ?」と半ば強制的に美味しいと言ってもらい合格点をいただきました。

 

昼食が終わり少しゆっくりしてから去年と同様、子供たちが「デートしてきてもいいよ」

と言ってくれたので嫁と誕生日プレゼントを買いに出かけました。

毎月コツコツとお小遣いを貯めていたので少し高いのでもいいよと言ったら

返す刀で10万円以上するバッグを指さす嫁… スルーする私。

って具合に色々と見て気に入った物が見つかり嫁もご満悦!

 

家に帰り去年と同様、弟の店に行き去年と同様、弟や店長にお祝いしてもらいました。

今年も家族4人でお祝い出来る事に感謝。素敵な一日になりました。

 

って予定のはずが台風24号で電車は止まり百貨店や飲食店は臨時休業…

昼からは外出できず、みんなでピザを作り家でお祝いしました。

今年も家族がそろってお祝い出来る事に感謝です。

ある意味、思い出に残る誕生日になりました。

Ys001

 

建物総合事業本部 大阪支店 Y. S

 

|

太陽の塔に行って

今年3月から内部の一般公開を開始した太陽の塔。
当初は申し込みが殺到したようですが、ようやく予約できたので、先日、妻と出かけました。
こんなに間近で見るのは何十年ぶりでしょうか。
高度経済成長の象徴のひとつ、日本万国博覧会が開催されたのが1970年。
近くの千里ニュータウンに住んでいたので小さい頃に何度が連れていってもらいました。


その時の記憶はほとんどないのですが、
閉幕後も記念公園や隣接する遊園地に度々訪れ、
万博のシンボルとしていつも見守るように
静かにそびえ立っていたのが印象に残っていました。

皆さんはご存じでしたか?塔には3つの顔があるのを。
最上部の黄金の顔、胴体の太陽の顔、背面の黒い太陽と、
それぞれ、未来、現在、過去を表しているのだそうです。


そして、当時は知る由もありませんでしたが、今では埋められた地下空間に
地底の太陽という第4の顔もあったそうです。
現在は行方不明となっているのですが、
復元されたものが入口から少し歩いたところに展示されています。
いよいよ塔の内部を登ります。
改修後は階段となりましたが、当時はエスカレーターがあって
父親に抱っこされて上がったことだけは覚えています。
内部は生命の樹という展示空間になっていたのですが、
それが上に向かって伸びています。
この樹は生命の進化の過程を表しているそうですが、経年劣化が激しく、
復元されたものもあれば、撤去されたものもあり、
現存している展示物はごく一部だそうです。
当時と印象が異なる気がするのは照明が現代化されたことにもあるようですが、
赤い壁や生物の模型が何とも不可思議で幼少の記憶が蘇ったようです。
この太陽の塔、胴から上の部分が巨大な骨組みでできた大屋根を突き破り、
そのトラス構造の重厚さと相まって何とも形容し難い威容を放っていました。
黄金の顔から大屋根の部分までが毎日のように登っていた
小学校の裏山から覗いて見えたので太陽の塔には憧れにも似た
特別な思い入れがあり、その姿がずっと脳裏に焼き付いていたのです。

もう40年近くも前になりますが、その大屋根も撤去されてしまい、
どこか寂しそうに佇んで見えるのが少し残念ではあります。
広場には大屋根の名残が保存されていました。
ほんの一部ですがこれだけでもかなりの大きさです。
どうも古き良き昭和を懐かしむような世代になってしまったようで、
子供ながらに当時はまだ希望というものが感じられたような気がします。

現代は技術進歩で何もかもが便利になった反面、
その分弊害も生じて昔と比べると随分と無機質な時代になったものだと思いますが、
時代や環境のせいにすることなく後悔のない人生を送れるようにしたいと考えるようになった昨今です。
話は変わりますが、大変ありがたいことにおかげさまで
先月より正社員として仕事をさせていただいております。
そこで帰り道にちょっとしたお祝いということで
ナポリピッツァをいただけるというイタリアンのお店でお食事を。
Kh001

手打ちの生パスタは無添加だそうです。タリアテッレをボロネーゼでいただきました。
月に3~4回は手づくりのソースでパスタを作るのですが、生パスタはいいものがなかなか入手できません。
乾麺とはやはり歯ごたえが違います。
Kh002


そして定番のマルゲリータには水牛モッツァレラ。
これは家庭のオーブンでは到底無理。石窯焼きのピッツァはお店でないと味わえないですね。
やはり何と言っても好きなお酒で美味しいものを味わうのが至福のひと時です。
働いているからこその歓びでしょうか、大袈裟かもしれませんが、生きているという実感があります。
体調を崩して仕事ができない時期もありましたので
今はこうして元気で働けることにただただ本当に感謝しかありません。

建物総合事業本部 業務部 K.H

|

2018年11月15日 (木)

淀川浪漫紀行

しばらくちゃんとしたプレゼントはしていなかったような気がしますが、
今回は淀川を下るイベントクルーズ「淀川浪漫紀行」をプレゼントしました。

私は現在、枚方市に住んでいるのですが、枚方の船着場から淀川、大川(旧淀川)を経て
天満橋の八軒家浜船着場までを遊覧船で巡ります。

江戸時代に京都の伏見から大阪を行き来していた三十石船の舟運を辿る船旅です。
関西の方でもあまり馴染みはないでしょうが、淀川を船で下るなんて機会はそうないので
二人ともとても楽しみにしていました。

枚方にはかつて船宿があり、宿場町として栄えたそうです。
東京日本橋から京都三条大橋までの東海道五十三次はあまりにも有名ですが、
その後に整備された大阪高麗橋までの京街道にあった四つの宿場を加えて
東海道五十七次とも呼ばれているそうで、枚方はその五十六番目の宿場だったのです。

出航です。遊覧船としては大きい方かもしれませんが、速度は自転車ぐらいでしょうか。
屋根の上にデッキが設けられているので川の上を吹き渡る風をそのまま感じることができます。
  Kh1115001
曇りがちな天気ということもあって、真夏でもその風を受けてとても涼しく、最高に気持ちいいです。
五十七番目の宿であった守口を過ぎて旧城東貨物線の鉄橋を越えるとそろそろ大阪市に入ります。
  Kh1115002
のんびりと2時間ほどクルージング。淀川大堰までやってきました。
ここで淀川から外れて支流の大川に入りますが、大堰の手前を左に折れて
毛馬閘門(けまこうもん)という水門を通過します。
  Kh1115003
ここが一番の見どころなのですが、この先の大川に合わせて水位を調節するのです。
なんでもあのパナマ運河と同じ方式を採用しているそうです。
前方の川の水位が手前より低いのがわかりますか?(写真右)
  Kh1115004
一気に水を抜くと船が大きく揺れるそうで10分ぐらいかけてゆっくり排水します。
見づらいでしょうが、側壁の黒っぽい部分まで水があったということです。2m近く水位が下がりました。
  Kh1115005
最後に水門が上がって信号が青になりました。これから大川に入ります。
  Kh1115006
京橋のあたりにやってきました。遠くに大阪城も見えます。
  Kh1115007
いよいよ天満橋。八軒家浜船着場に到着です。
中之島の手前までおよそ3時間のゆったりとした船旅でした。
  Kh1115008
そして、誕生日当日にはポルチーニ茸のクリームパスタを作りました。
手軽にできて絶品なので1カ月に1回は作ってしまうほどです。
ポルチーニ茸はやや高価なのでいつもは半分で我慢していますが、
今日は特別に一袋全部使って生パスタで作りました。
  Kh1115009
料理も好きなので休みの日はいつも自分が作るのですが、
大切な人のために料理をして美味しいものを味わってもらえるというのも幸せです。
いろいろと苦労をかけてきましたが、今までよくついてきてくれました。
私が言うのもおこがましいのですが、大変できた妻です。
これからはこちらが恩返しをする番です。
面と向かってはなかなか言えませんが、
言葉では言い尽くせないほど妻には感謝しています。
建物総合事業本部 業務部 K. H

|

「同窓会」

先日、地元滋賀で23年振りに同窓会がありました。

先生率いる美術研究所が今年で35年を迎え、先生も72歳となりました。
先生が元気で認知症が軽いうちに同窓会をとの趣旨のもと、今回開催されました。

この35年間で約500人の生徒が卒業したそうです。
この半年間先生をはじめ幹事の方が
様々な手がかりで卒業生の居所を確認していったそうです。
結果200人ぐらいが分かり案内のはがきを出した結果、
当日は約40人の卒業生が集まりました。
2、3日前から西日本地域での大雨で甚大な被害が出る中、
交通機関も乱れ、開催も危ぶまれましたが
当日は晴れて暑い日となりました。

この大雨の影響で参加できなかった卒業生もいましたが、
会場には20代から50代の卒業生が参加。

同期の卒業生とも昔話に花が咲き、本当に懐かしく楽しかったです。

様々なエピソードに笑いも起こり、元気な先生と一緒に素敵なひと時を過ごす事ができました。        
Kn002
今回の同窓会を開催するにあたり約1年がかりでの準備は大変だったと思います。

準備にあたって下さった幹事の方には感謝です。
そして忘れてはいけない人がもう一人!娘とお留守番で、
1泊2日のワンオペ育児に奮闘してくれた夫にも感謝です。ありがとう!
                             管理本部 K. N

|

2018年11月14日 (水)

「両親に感謝」

今年4月に育児休暇が明け、仕事のリズムにも慣れ始めた頃、

エイトとして年に一度大事な
『31期安全技術講習会・経営計画発表会』を6月30日に迎えました。

数か月前から社員みんなで準備にあたり、いよいよ目前に迫った6月28日、

娘が熱を出して保育園から呼び出しが!

以前から30日は土曜保育と延長保育をお願いしていたにも関わらず、
このまま熱が下がらなければ預けられない。

夫も30日は夜まで外せない仕事があり、お互いの両親も遠方の為、
夫婦ともにどうしようか思い悩みました。
娘の体調の様子を見ながら・・・と思いつつ万が一の状況を考慮した結果、
思い切って夫の両親に来てほしいと急遽お願いしたところ、
快く承諾してくれ神戸から29日夕方八王子に来てくれました。
 29日に娘の熱が下がったかにみえ、大丈夫かも!と思ったのもつかの間、
夜中からまた39度~40度の高熱。30日は朝から病院に行き、
後は両親に娘を預け仕事に戻りました。
両親が来てくれたおかげで30日の安全技術講習会・経営計画発表会に
当初の予定通り出席する事ができました。
また、色々ご迷惑をお掛けしてしまった管理本部の皆さんにも感謝です。
忙しい時にも関わらず、「こちらは大丈夫だから」と
心づかいをして下さりありがたかったです。
 その後、相変わらず娘の高熱は6日間続きましたが、
無事に夫婦ともに30日を乗り切ることができ今回は本当に助かったと両親に感謝です。
 実は7月3日が結婚記念日だったこともあり、
以前から娘のディズニーデビューをと計画していましたが、熱の為キャンセル。
夫が一番楽しみにしていましたが、また別の機会のお楽しみになりました。
Kn001
(ディズニーで着せる為、夫がわざわざネット購入した娘のTシャツです)

管理本部 K. N

|

2018年9月 6日 (木)

誕生日休暇

4/9は主人の誕生日です。
今年の誕生日も焼肉を食べに行きました。
前にも書きましたが、彼はボデイビルを日課としていますので、栄養素、特にたんぱく質には敏感です。
皆様もご存じだと思いますが、より筋肉力をつけ、脂肪がつくのを防ぐには、牛肉であれば、赤身、鶏肉であれば、ささみや胸肉です。
カルビやタンが好きな私に反して、彼は、赤身ロ-ス、ハラミが定番メニューです。
お気に入りの焼き肉店があるので、当日もそこに行きました。
その店はキムチもすごく美味しいのでした。
以前、遊びに行ったことがある大阪の鶴橋という所のキムチに負けないくらい、パンチが効いていて美味しいのです。
どなたかキムチの簡単で美味しい作り方をご存知でしたら教えてください。(笑)
これからもお互いに健康に留意して、楽しく暮らせるようにと思いました。
誕生日休暇を頂き、本当にありがとうございました。
米軍・海外事業部 K. N.

|

2018年9月 5日 (水)

祖母の味

突然ですが、私は祖母が作る肉飯が大好きです♪
肉飯は伊豆の郷土料理らしく、ごはんと甘く煮たお肉の煮汁を一緒に炊き、炊きあがったごはんに甘く煮たお肉を混ぜたら完成!という一見単純な、いわゆる炊き込みごはんです。
(仕上げに大葉を混ぜると美味しさが爆発します(笑))
しかし、祖母の肉飯を自宅でも再現したく、レシピを教えてもらいチャレンジしましたが、何度チャレンジしても祖母の作る味にはならないのです( ;∀;)
私が小さいころ、母もよく肉飯を作ってくれましたが、それもまた祖母の作った肉飯とは違った味でした💦
未だに祖父母の家に行った際、お持ち帰り用も含め、大量に作ってもらうよう必ずお願いしていますが、これからもそれは変わらなそうです(笑)
いつか美味しく作れた際には、祖父母に食べさせてあげたいです(^^)☆
いつ行っても優しく出迎えてくれる祖父母に溢れる感謝が止まりません(笑)
いつまでも元気に、長生きしてもらいたいものです。
Sbama01
祖母お手製「肉飯」☆
建物総合事業 A. M.

|

2018年9月 4日 (火)

バリ社員研修旅行

5月24日~5月28日まで社員研修旅行としてバリへ行かせていただきました。
1日目、デンパサール空港に17:40分ころ到着。
ホテルにチェックインをし、夜は自由行動だったので、ご飯を食べた後に街をぶらついていました。夜ではありましたが、湿度が高くかなりの汗を掻きました(;’∀’)
2日目、いざエイトビィラへ出発!!クタから約4時間バスに乗り到着!!
めーーーっちゃ綺麗なヴィラにバスでの疲れは一気に吹き飛びました!
到着後のランチではナシゴレンを頂きました。

その後、映画【神様はバリにいる】、弊社の推薦図書でもある【出稼げば大富豪】の主人公、兄貴こと丸尾孝俊様へのヴィラへお邪魔をしました。
お話しされていた内容はどれも為になるもので、発言のひとつひとつがポジティブであり、どんな人でも元気になるのではと思うくらいのオーラがありました。
お忙しい中、貴重なお話をありがとうございます!!!
3日目、ジェットスキーの体験や海で釣りをしたり近くのコンビニへ出かけたりゆっくりとした時間を過ごさせていただきました。

コンビニに行った際に現地の方々との記念撮影をして、いい思い出となりました。子供たちは家業を手伝っていました。
日本人を見かけると元気いっぱいに手を振ってくれたり、話しかけてくる子供が多かったです。

4日目、朝からヴィラを出発。向かう先はマルガラナ英雄墓地。ここにはインドネシアの独立戦争に命を掲げた日本兵のお墓があるところです。
ひとつひとつのお墓に手を合わせ「日本の東京都八王子市から来ました長谷川翔です。インドネシアの人たちは日本人に手をいっぱい振ってくれます。こうしてバリに来れるのも皆様のおかげ様です。ありがとうございます。」と伝えました。
マルガラナ英雄墓地を出た後はマーケットによりお土産をたくさん買い、デンパサール空港へと向かいました。

空港ですこし時間を潰し飛行機に乗り3泊4日の研修旅行は終わりました。
留守中を守っていただいた皆様、研修旅行の機会を与えてくださったエイトの皆様
本当にありがとうございます!!とても為になる研修旅行でした!!
建物総合事業 S. H.

|

2018年9月 3日 (月)

Terimakasih(ありがとう)

今回バリ研修で私は目標を立てていました。それは、忙しく中々普段交流する機会のない会長、社長、専務や他部署の方々と積極的にコミュニケーションを図る事と、旅行ではなく社員研修であり、学ぶことを忘れずにという事でした。

今回の研修エイトビラに宿泊させて頂きありがとうございます、そこで各々自由な時間を過ごしました。その時間で会長、社長、専務とお話しさせて頂きました。そこで、気遣いのやり方や色々な自分の身になる話をさせて頂き本当に感謝です。ドッキリや楽しい時間が大半でジェットスキーや兄貴さんの自宅に訪問させて頂きとても素敵な経験をすることが出来ました。ありがとうございました。

今回こうして楽しくとても身になった社員研修を送れたのは会社に残ってくださった方々のおかげ無くしてバリ研修に行ける事は無かったと私は感じております。そして、バリで私達をお世話してくださったバリ人の方々に本当にTerimakasihです。感謝・感謝の社員研修でした。本当にありがとうございました。
建物総合事業 D. Y.

|

2018年9月 1日 (土)

バリ研修旅行  エイトヴィラ編

2日目は、3台の車に分かれていよいよエイトヴィラへ移動です。
ビンタンバリリゾートホテルから北方向へ約3時間、ヌガラのエイトリゾートバリに到着しました。
まず白柳会長にご案内して頂いたのが、エイトヴィラが一望できるガラス張りのお部屋です。
真っ白なエイトのロゴが綺麗なプールや海を眺めながらくつろげるベッドに感動の連続でした。
この解放感は日本ではなかなか味わえません!
貴重な体験をさせて頂いたことに感謝です。
エイトヴィラのスタッフの方々は日本語がとても上手で、笑顔が素敵でした。
インドネシアにもこうしてエイトの名のもとお客様からの感謝を集めている方々がいるのだということを実感し、私も明日からも頑張ろうという気持ちになりました。

Kob3
Kob5 Kob4

エイトヴィラ滞在中に、『出稼げば大富豪』の主人公であり映画『神様はバリにいる』のモデルとなった丸尾孝俊様宅にてお話を伺う機会がありました。
私は緊張してすごく恐縮していましたが、イメージどおりのすごくパワフルな方で、仕事に限らず、人生において、生き方、考え方のヒントをたくさん下さいました。
これからの人生に必ず活かしていきます。丸尾さん、お忙しい中時間を割いて頂き、有難うございます。
3日目の最終日には、マルガラナ墓地で日本の戦没者のお参りをしてきました。
ひとりひとりの墓石を回ったのですが、20代前半で亡くなられた方がほとんどで、名前もインドネシア語表記をされている方がいらっしゃいました。
日本から遠く離れた地で、家族とも離れ、戦うのはどんな気持ちだっただろう、と自分なりに考えながらお線香をあげさせて頂きました。
日本人の大切な歴史を学べたこと、戦争のない時代に生まれてこられたことへの感謝、そしてそれを忘れてはいけないと強く思いました。

私たちが研修旅行に行けたのは、本社で留守番をして下さった方々がいたからです。
現場作業に限らず、電話対応から来客対応まで、有難うございました。本当に感謝しております。
研修旅行中は、他部署の方ともトランプをしたり、大トカゲを探しに出かけたり、ジェットスキーに乗らせて頂いたりと、エイトに入社していなければできなかった経験をたくさんさせて頂きました。
周りの同世代の友人にバリ研修の話をするととても驚かれます。どこにもない素敵な研修をさせて頂いたこと、本当に感謝しております。
米軍・海外事業部 K. O.

|

2018年8月31日 (金)

バリ研修旅行  ビンタンバリ リゾート編

5月24日から28日にかけて、3泊5日のバリ研修旅行に参加させて頂きました!
エイト入社前にブログでエイトヴィラの画像を見ていたので今回の研修旅行がバリに決まったときからとても楽しみにしていました。
インドネシアに行くのも初めての私は、まず両替して返ってきたインドネシアルピア紙幣の多さに驚きました!
5000円= 約630,000ルピア
(0を2つ取ると日本円になるイメージです)。
お札の多さ(゜o゜)インドネシア経済が急速に成長していることを実感します。

成田空港からデンパサール行きの飛行機に乗り約7時間、1日目は、クタにあるビンタンバリリゾートホテルに宿泊しました。
バリ島といえば常夏のリゾート地ではありますが、日本で天気予報を見たときには雨マークが(;O;)
5日間晴れてくれますようにと天気予報を眺めていましたが、、、

Kob1

快晴でした!(^〇^)
夕食はホテルの近くにある屋台で頂きました。
「スラマッ・パギ(おはよう)」と「テレマカシー(ありがとう)」というインドネシア語しか知らない私でしたが、
インドネシア留学経験のある長島さんのガイドのおかげで、美味しい食事を注文することが出来ました!
お米は、日本のお米より少し細長いインディカ米を予想していましたが日本とあまり変わらない様子…
日本に帰ってきてから調べたところ、インドネシアではジャバニカ米というお米がよく食べられているとのこと。
食べてみた感じは、日本のお米より少しパラパラしていて、ナシゴレンなどの炒め物にはぴったりでした。
美味しい食事をありがとうございます。テレマカシー^^

Kob2

食事の後は、街を散策しました。
コンビニはもちろん、22時を過ぎていても開店しているお土産屋さんもあり、クタの街を楽しんでホテルへ帰りました。

素敵な時間を過ごさせて頂いたビンタンバリリゾートのスタッフの方々、手配して下さった総務の方々、感謝いたします。ありがとうございます。
次の日はいよいよ、エイトヴィラへ!
米軍・海外事業部 K. O.

|

«T. K.のエイト社員研修ブログ「バリ島」~パート④~